au 5Gは26日スタート、当初エリアは東名阪など15都道府県。料金は月8650円

Netflixなどセットプランも

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月23日, 午前 10:24 in 5G
139シェア
au5G
auは3月26日より5Gサービスを開始します。当初は東名阪を中心とした15都道府県の一部エリアからスタート。20年夏以降に全国主要都市に展開します。

1年後の21年3月末には1万局規模、22年3月までに2万局超を展開。5Gが開始しないエリアは人口カバー率99.9%に達した4G LTEでカバーする方針です。

料金プランは使い放題型を継続し、Netflixなどとのコンテンツとのセットプランを提供。ただしテザリングには月間容量の制限があるためドコモのような「完全使い放題」ではありません。

端末は当初スマホ7機種を用意。OPPO、Xiaomi、ZTEという中国メーカー3社をラインナップに加え、戦略的な価格で提供します。

関連:auが5Gスマホ発表、3万円台のXiaomi製端末・OPPO Find X2 Proなど中国勢一挙に投入

au 5G

■標準プランは月8650円。割引適用で6か月だけ月3460円〜

au 5Gの料金プランは4G LTE向けのプランから1000円上乗せ。ただし当初の25か月間は1000円引きで4Gと同等というソフトバンクと似た料金構成となっています。

au 5Gの標準プラン「データMAX 5G」では、月8650円。2年契約時(解約金1000円)は月8480円に割引されます。データ通信は原則として"使い放題"ですが、テザリングや国際ローミングは月30GBまでという制限があります。

5Gサービス開始から当初25カ月は1000円引きで月7650円で提供されます。そこに2年契約、家族割プラスやauスマートバリュー(固定回線とのセット割)などの各種割引を付けて月4460円。さらに6か月間だけの割引「スマホ応援割III」を適用して、月3460円〜となります。

また、ソフトバンクの新料金「メリハリプラン」のように、月2GB以下しか利用しない場合は1500円の割引が適用されます。

発表会の中継では最安の「3460円」だけが紹介されましたが、割引が多重に適用される複雑な料金形態かつ、ドコモのような「完全使い放題」でもないという点では魅力の薄い料金プランと言えます。

なお、通話料金は各プラン共通で30秒あたり20円となっています。

au 発表会
▲新型コロナウイルス感染症の流行を受け、発表会はオンライン配信のみで開催。YouTubeでは解像度HD 720pまでしか選べない環境下で、家族4人以上の割引(-2020円)を適用済みの料金が示されました

■コンテンツセットの料金プラン

auでは5Gに向けてエンタメコンテンツとの連携を深める方針を強めています。5G向けサービス開始にあわせて、テレビ朝日と新たな動画配信サービス「TELASA(テラサ)」を開始します。

そのTELSAとNetflixの月額料金がセットになった「データMAX 5G Netflixパック」も用意。2年契約時の料金は月9480円。各種割引を適用したときの料金は当初の6か月は4260円となります。また、テザリング・国際ローミング時の上限は月60GBまでに緩和されます。

さらに、最上位プラン「データMAX 5G ALL STARパック」では、Netflix、Apple Music、YouTube Premium、TELASAの4サービスの利用料もセット。テザリングや国際ローミングの容量も月80GBまで拡大しています。その代わり料金は2年契約時で1万980円と1万円超え。各種割引を適用した場合の最安料金は月5460円です。

なお、両プランとも、月の利用データ量が2GB以下だった場合は1500円引きとなります。

au 5G

■「ピタットプラン 5G」も用意

段階制の料金プラン「ピタットプラン 5G」も提供されます。月のデータ利用量におうじて1GB、4GB、7GBで料金が変動。1GBまでは3980円、4GBまでは5480円、7GBまで6980円となっています(2年契約時)。もろもろの割引適用により、7GBまで4480円となります。

au 5G


(更新中)

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

139シェア