au 5Gで「OPPO Find X2」。倍速・高解像度に10倍ズーム3カメラ

OPPOはau 5Gで初採用

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月23日, 午前 10:45 in au
62シェア
OPPO Find X2 Pro
au 5Gでは、OPPOとZTEの2社が初めてau向けのスマートフォンを投入します。そのうちOPPOはフラッグシップモデル「Find X2 Pro(ファインド エックス ツー プロ)」を7月以降に発売します。

Find X2 Proは欧州版1199ユーロ(約14万2000円)で販売されていますが、auでは戦略的な価格設定を採用する見込み。KDDIの高橋社長は「非常に競争力がある価格」とすることを表明しています。

Find X2 Proは3月初旬にグローバル向けに発表されたモデルで、特にディスプレイとカメラに注力したモデル。

10bitカラー対応の3K QHD+ 有機ELディスプレイを搭載。120Hz駆動(いわゆる倍速駆動)で操作時の画面を滑らかに表示するほか、画素補完により映像再生時も動作します。

SIMフリーで発売された前モデル「Find X」では、せり出すカメラ機構を採用していましたが、今回も全画面ではあるものの、ディスプレイ左上に「パンチ穴型」の切り欠きを備え、インカメラを仕込んでいます。

カメラは4800万画素の広角・超広角カメラと1300万画素の望遠カメラを組居合わせたトリプルカメラ仕様。10倍までは画質が劣化しないというハイブリッドズームを搭載し、最大60倍のデジタルズームも可能。動画では4K 60fps撮影やHDR動画の撮影にも対応します。

OPPO Find X2 Pro

充電はOPPO独自技術により、高性能ノートPCばりの65Wの高速充電が可能(ただし付属のACアダプターとケーブルが必須)。画面指紋センサーも搭載し、IPX8・IP6X相当の防水性能も備えています。

チップセットはSnapdragon 865、メモリ(RAM)は12GB LPDDR5、ストレージ(ROM)は512GB UFS 3.0を搭載。5Gはサブ6帯のみのサポートします。

ボディはフェイクレザーのオレンジと、ブラックの2色です。オレンジは大きさ約165.2mm×74.4mm×9.5mm、重さ約200gと厚く軽く、ブラックは約165.2mm×74.4mm×8.8mm、重さ約217gと薄く重くなっています。

OPPO Find X2 Pro
OPPOはここ数年、主にSIMフリー向けの製品を投入していますが、auでの採用は今回が初めて。同じKDDIグループのUQ mobileでは、OPPOの製品の中でも"コスパ重視"なスマートフォンを投入していますが、auでは5Gにあわせて、ディスプレイとカメラを強化した王道のハイエンドモデルを選んできました。


関連:OPPO新旗艦スマホ「Find X2」発表

関連:auが5Gスマホ発表。Xiaomi Mi 10 Lite 5G、OPPO Find X2 Proなど中国勢を一挙投入

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

62シェア