au「AQUOS R5G」投入、8K撮影機能や低消費電力の液晶を搭載

ドコモやソフトバンクも取り扱います

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年03月23日, 午前 10:40 in au
0シェア
FacebookTwitter
au AQUOS R5G

auは、シャープ製の5G対応スマートフォン「AQUOS R5G」を3月27日に発売します。価格は12万9145円(税込)です。

AQUOS R5G 最大の特徴は、8K動画撮影に対応すること。8Kで撮影した動画を再生する際に、シャープ独自の人工知能を活用し、被写体を自動で追尾してズームする「フォーカス再生」も利用できます。

フォーカス再生に対応する被写体は人・犬・猫の3種類。子どもやペットなど、より大きく見たいときに活用できそうです。

なお、8Kで撮影した動画をトリミングしたり、解像度を変更して保存しなおしたりする機能は備えませんが、フォーカス再生時の動画はフルHDの解像度で保存されます。

au AQUOS R5G▲撮影した8K動画を「フォーカス再生」機能で視聴している画面。指定した人にズームされている。画面左上のサムネイルが本来の画角で撮影したもの

また、動画撮影時に人工知能がシーンを分析し、約15秒のダイジェスト動画を自動で作成する機能を備えます。ただし、撮影する被写体や撮影時間の長さによっては作成されない場合があります。

背面に備えるカメラは、約4800万画素の超広角(F2.9/19mm)、約1220万画素の標準(F1.7/26mm)、約1220万画素の望遠(F2.7/52mm)、被写体との距離を測るToF(深度)センサーを組み合わせたクアッドレンズ仕様です。前面に約1640万画素のカメラを備えます。

ディスプレイサイズは6.5インチで、10億色の色表現が可能な「Pro IGZO」液晶を採用しています。また、最高1000カンデラの高輝度で表示するため、明るい屋外でも画面に表示される内容が見やすいといいます。

さらに、環境に応じてディスプレイの色合いや明るさを最適化する機能や、環境に応じてバックライトを制御し、無駄な電力消費を抑える機能などを備えます。

プロセッサーはクアルコムの「Snapdragon 865 5G」で、メモリは12GB、ストレージ256GBです。1TBのmicroSDXCを搭載できます。

バッテリー容量は3730mAhです。サイズは約75×162×8.9mmで重さは約189gです。

AQUOS R5G はサブ6のみ対応

5Gでは「サブ6」と「ミリ波」という大きく2種類の周波数帯を使用しますが、AQUOS R5G はこのうちサブ6のみをサポートしています。au 5Gでの最高速度は下り3.4Gbps、上り183Mbpsです。


AQUOS R5G デビューキャンペーン

シャープは、AQUOS R5G を4月30日までに購入し、5月10日までにキャンペーンサイトで応募した人に、もれなく au PAY 残高へ5000円キャッシュバック(チャージ)するキャンペーンを実施します。 キャッシュバック(チャージ)時期は6月上旬以降を予定します。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4g lte, 5g, AQUOS, au, display, kddi, kddi au, mobile, sharp, Sharp AQUOS, smartphone
0シェア
FacebookTwitter