電書版『新世紀エヴァンゲリオン』13巻まで無料公開中、新劇シリーズも公式アプリ内で無料公開

アニメとは一味違った本作をこの機会に楽しんでみては?

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月23日, 午後 02:15 in evangelion
0シェア
FacebookTwitter
eva
新型コロナウイルスの感染拡大による休校措置や在宅勤務の広がりを受けて、様々なエンタメが無料で開放されています

そんななか、電子書籍版の『新世紀エヴァンゲリオン』全14巻のうち13巻までが、3月24日までの期間限定で無料公開中となっています。これは電子書籍サービスebookjapanとPayPayによるキャンペーン「ワクワクペイペイ」連動企画として実施されているものです。毎週更新されている企画として、今週は「新世紀エヴァンゲリオン」が最終刊の手前まで無料で読めます。

コミック版『新世紀エヴァンゲリオン』は、アニメ版のキャラクターデザインを担当した貞本義行氏が手がけた作品です。

テレビアニメ版との違いは、主人公の碇シンジの性格が明るくて前向き、渚カヲルとの関係性も最初はぶつかり合って後に理解を深めていく少年マンガらしさなど。特に終盤での碇ゲンドウの行動や内面、量産型エヴァ戦での展開が激変していることもあり、テレビアニメ版しか知らない向きには一読をお勧めします。

またエヴァ公式アプリ「EVA-EXTRA」(iOS版/Android版)内では、3月末まで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序、:破、:Q」、いわゆる新劇場版シリーズが公開中です。アプリのプレミアム会員の方は「:序」「:破」「:Q」どれからでも視聴でき、それ以外の方は「:序」から順番に観ることができます。

6月27日に公開予定の最新作にして完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版:」の予習としてチェックしておきたいところです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: anime, comics, evangelion
0シェア
FacebookTwitter