today基本性能の高さから、CES 2011での発表時から注目されていたAndroidスマートフォンが「Xperia arc」です。これの日本版としてドコモから登場したのが、「Xperia arc SO-01C」。

このフラッグシップモデルが発売されたのが、2011年の今日です。SoCに1GHz動作のSnapDragon、裏面照射型CMOSセンサー"Exmor R for mobile"を採用した約810万画素のカメラ、4.2インチの大型液晶(480×854ドット)、そしてアップデート対応ではなく最初からAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載するなど、最新フラッグシップモデルらしさがぎっしりと詰まっていたのが魅力でした。

today

ただし、日本版といってもグローバルモデルと仕様がほとんど変わらず、おサイフ、ワンセグ、赤外線通信などは非搭載だったというのが残念なところ。なお、これらの機能を搭載したモデル(Xperia acro SO-02C)を夏に提供予定というのは、製品発表時の質疑応答で明らかにされていました。

2011年3月といえば、iPhoneがまだソフトバンクからしか発売されていなかったにもかかわらず、すでに高い人気を集めていた頃。それだけに、日本で重視されがちな機能の搭載を見送ってまで、話題となりやすいXperiaのフラッグシップモデルを少しでも早く投入したかったということなのでしょうか。

3月24日のおもなできごと

2001年、アップルが「Mac OS X」を発売
2011年、ドコモが「Xperia arc SO-01C」を発売
2016年、キングジムが「ディスプレイボード」を発売
2016年、LINEが「LINE Payカード」のサービスを開始