新型コロナの鬱憤を吹き飛ばせ。Apple Music「Get Up!」プレイリスト公開。自宅勤務用BGM集も

音楽を楽しもう

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年03月24日, 午後 12:00 in AV
45シェア
Apple

Apple Musicが、新型コロナウイルスの流行で家に閉じこもらざるを得ない人々の心を元気づけるため、"Get Up! Mix"と称するAIおよび人力生成のプレイリストを導入しています。このプレイリストはAppleいわく「わくわくさせ、笑顔を誘い、歌いたくなるような音楽」を集めて毎週アップデートされるとのこと。Apple MusicのライバルとなるSpotifyには、早くから気分をあげつつ毎週新たな楽曲をリコメンドする"Discovery Weekly"と名付けられたプレイリストがありますが、これと同様の効果を"Get Up! Mix"はApple Musicユーザーにもたらすものと言えるでしょう。

"Get Up! Mix"はApple Musicの "For You" タブに配置されています。「桜も咲いているのに外出を控えなければならないなんて...」などといまひとつ浮かない気分のときは、このプレイリストを聴いてみると良いかもしれません。

なおApple Musicは、自宅勤務をする人々のために"オフィスDJ"プレイリストも公開しました。こちらは「アップテンポで耳心地の良い楽曲を」あらゆるジャンルからセレクトし、どんよりしがちな「仕事場の空気を一転させる」のに役立つとのこと。"Get Up! Mix"はある程度ユーザーのリスニング履歴を元にしたプレイリストであるのに対して、"オフィスDJ"は完全なリコメンドリストになっており、音楽に気をとらわれすぎず、聴き流しながら仕事の効率を上げていくのに向いていそうです。

Apple Music内のラジオコンテンツBeats 1は、移動を制限されるゼイン・ロウらDJ陣が、自宅からFaceTimeを駆使してアーティストらとつながり、インタビューや新曲の紹介をする態勢を構築しています。われわれの元気の素、音楽は新型コロナウイルスの蔓延にも負けず、今日も人々に届けられています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

45シェア