au「OPPO Find X2 Pro」の実機を見る。120Hz有機EL・RAM 12GBの怪物スマホ

HUAWEI P30 Proより大きなイメージセンサー搭載

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年03月23日, 午後 06:40 in smartphone
68シェア
engadget
auは、5G対応スマートフォン「OPPO Find X2 Pro」を7月以降に発売します。

「OPPO Find X2 Pro」は3月初旬にグローバル向けに発表されたモデルで、特にディスプレイとカメラに注力したモデル。

ディスプレイは、10bitカラー対応の3K QHD+ 有機ELで、120Hz駆動(いわゆる倍速駆動)。操作時の画面を滑らかに表示するほか、画素補完により映像再生時も動作します。

カメラはソニー製1 / 1.4インチ大判センサーを採用。1 / 1.6インチのファーウェイ製センサーよりも巨大で、スマートフォンではGalaxy S20 Ultraに次ぐ大きさです。イメージセンサーは大きければ大きいほど光を取り込める情報が増え、被写体のディテールを細かく表現できるほか、暗所でもノイズを少なく撮影できます。

SoCにはクアルコム最新のSnapdragon 865を採用。ゲーミングでも文句なしの性能を発揮します。RAMは12GB、ストレージは512GBと、まさに「性能怪獣」といった仕上がりです。

欧州版は1199ユーロ(約14万2000円)で販売されていますが、auでは戦略的な価格設定を採用する見込み。KDDIの高橋社長は「非常に競争力がある価格」とすることを表明しています。

engadget
▲ベゼルレスな全画面は今どきのフラグシップスマホのトレンドを抑えている

engadget
▲厚さは9.7mm 重さ200gと決して薄型軽量ではないが、性能を考えれば納得

engadget▲オレンジの背面はフェイクレザー。各色ともIP68防水防塵に対応

engadget
▲わずか38分で満充電できる超高速充電に対応

engadget
▲インカメラはパンチホール型

engadget
▲OPPO Reno 10X Zoomと同等をうたう望遠レンズも搭載する

製品の詳細はこちらをご覧ください


(訂正:2020/3/24 12:30)初出時にストレージやサイズなどの製品仕様を誤って記載しておりました。訂正しお詫び申し上げます。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

68シェア