FindMy
Apple

米9to5Macは独自に入手した次期システムソフトウェアiOS 14(仮)の初期ビルドから、新たに「Find My(日本名は「探す」)アプリの追加機能などの手がかりを発見したと報告しています。iOS 13以降、「Find My iPhone(iPhoneを探す)」アプリと「Find My Friends(友達を探す)」アプリを「探す」アプリに統合しています。そうしてデバイス探しと人探しを一つにしつつ、オフラインのMacも探せるようになったとされています。

そんな「探す」アプリに、iOS 14では新たな通知機能が追加されているとのことです。具体的には、設定した時間に誰かが特定の場所に到着しない場合にはアラートが受信できるオプションが含まれていると述べられています。

すでに「探す」アプリには、誰かが学校や職場などに「到着した」場合に通知する機能が含まれています。が、新たに「時間通りに到着しない」場合のみアラートを受信する設定が加わることで、親が子供の登校をチェックしたり、仕事のパートナーが遅刻していないかを確認するうえで、通知が少なくて済むようになるわけです。

また新たに、特定の相手が設定した時間前に場所を離れたときに通知するオプションも追加されているとのこと。たとえば子供が学校や友達の家を予定や定刻より早く出た場合、通知を受けられるということです。親の目を逃れて自由に移動したい子供にとっては、あまり有り難くないアップデートかもしれません。

もう1つは、新たな「探す」アプリはAR(拡張現実)ヘッドセットでも動作するということです。アップルはiOS 11からARKit、すなわち「ARのためのフレームワーク」を搭載していますが、iOS 14からはヘッドセットモードが含まれていると報じられています。

これによりユーザーはARを使用して視覚的に探し物の位置を特定でき、近日登場と噂されているアップル純正忘れ物防止タグ(通称AirTag)を含めて、より正確な方向が分かるとのことです。

次期フラッグシップのiPhone 12(仮)シリーズは、やはり噂のアップル純正ARヘッドセットとの接続が想定されているとの観測もありました。これまでのようにマップ上に探しものは表示されているがどこに埋もれているか分からない......から、iPhoneやARヘッドセットを通じて「遮蔽物を透視して見える」ようになるのかもしれません。