予約制ロッカー、JR東日本11駅で開始──スマホで時間指定と決済

短時間利用の客を狙う

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年03月24日, 午後 06:00 in jr
0シェア
FacebookTwitter
jr To Locca

JR東日本は3月25日から、ロッカーの事前予約サービス「To Locca(トロッカ)」を提供開始します。対象は東京駅や新宿駅など、山手線を中心とした11駅22箇所290口。

To Locca は、スマホやPCで専用サイトにアクセスし、日時を指定してコインロッカーを予約利用できるサービス。予約した後は、ロッカーの操作パネルに予約番号を入力することで、簡単に荷物の預け入れや取り出しを行えます。

JR東日本は現在3万口のロッカーを全国に設置済みで、この内、電子化(決済機器や画面などを備え付けた)したロッカーは1〜1.5万口ほど。To Locca は電子化したロッカーに予約機能を加えるイメージです。

ロッカーのサイズは、既存ロッカーと同じ大きさの3種類(S/M/L)を用意します。利用料金は既存のロッカーが1日あたり数百円程度で済むところ、To Locca は最も小さいSサイズの場合、1時間100円(税込)からで、あらかじめ登録したクレジットカードで決済します。

このため、To Locca を長時間利用した場合、既存ロッカーよりも割高になります。この点についてJR東日本事業創造本部新事業・地域活性化部門の佐野太次長は「駅の利用客から、もっとスムーズに荷物を預けたい、1〜2時間だけ荷物を預けたい、といった要望があった」と説明しました。

jr To Locca
▲事業創造本部新事業・地域活性化部門の佐野太次長

To Locca を予約できる時間帯は6時~24時(24時~翌6時をまたいだ予約は可能)、利用開始時間は15分単位で決められます。また利用日の1か月前から予約でき、1回につき最長72時間の利用が可能です。

To Locca のターゲットについて佐野次長は「これまで、ロッカーを見つけられずに悩んでいた人や、主要ターミナル駅を利用する客に対して訴求していきたい」と述べた上で、「ロッカー予約の需要がどの程度あるのかを見定めながら今後の展開を検討したい」と話しました。

具体的には、2021年3月までに首都圏の主要駅や観光客の利用が多い駅など30駅にサービスを拡大した上で、JRが管轄しない駅への設置も検討するとしています。

Gallery: JR EAST To Locca | of 8 Photos

  • To Locca
    To Locca
  • To Locca
    To Locca
  • To Locca
    To Locca
  • To Locca
    To Locca
  • To Locca
    To Locca
  • To Locca
    To Locca
  • To Locca
    To Locca
  • To Locca
    To Locca



 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: jr, jr east, JrEast, Locker, mobile, smartphone, station, web
0シェア
FacebookTwitter