13000Pa強力吸引のハンディクリーナー「Auto Box VX」レビュー

デスク周りや車内で大活躍

ジュンヤマグチ
ジュンヤマグチ
2020年03月25日, 午後 07:15 in cleaner
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
クラウドファンディングで様々なプロダクトを展開しているAFU STOREからコードレスのハンディクリーナー『Auto Box VX』が展開中です。

価格は1セット1万1980円〜複数個セットも用意されています。ほかにも専用充電スタンド1980円、延長ノズル2580円、オプション2点セットが3700円、それぞれ割引価格で展開しています。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する


今回は片手で持てるコンパクトさがありながら吸引力(pa)13,000paを誇るハンディクリーナー『Auto Box VX』を試用していきます。通常のハンディクリーナーの吸引力は2,000~6,000paということなので、数値的にはとても高い吸引力を誇ることがわかります。実際はどうでしょうか。

Engadget
▲見た目はメタリックでとてもかっこいい!長さはペットボトル1.5本ぶんくらいです。

重量は530g、片手でじゅうぶん持てる軽さです。普通のハンディクリーナーよりもだいぶ軽いです。USB type-Cの充電式なので、車内でも差し込みから充電可能ですね。

実際に試用し、吸引力と静音性をチェック

Engadget
▲おっと、うっかり砂糖をこぼしてしまいました......。

Engadget
▲吸引していきます。

Engadget
▲はい、吸引できました!

ちゃんと綺麗に吸引できました。標準モードとパワフルモードがありますが、標準モードでじゅうぶん吸引できました。標準モードでも吸引力の高さがわかりますね。

吸引力の高さゆえでしょうか、静音性は決して高くないですね。パワフルモードになるとそれなりに目立った音になります。

まぁそれでもハンディクリーナーなので、標準モードであれば賃貸の夜間使用でも近所迷惑にはならないでしょう。

また、連続稼働時間が標準モードで20分・ハイパワーモードで10分と異なりますので状況に応じてモードが選択できるようになる必要がありそうです。

製品本体の分解・清掃はとても簡単でした。力を入れずとも分解できますし、複雑な構造で洗いにくいパーツもありませんでした。今回のように砂糖を吸引しても、ササッと分解 水洗い 乾燥の手順のみで綺麗に手入れ出来ました。

便利なアタッチメント付き


またこの『Auto Box VX』には、隙間への掃除に対応したノズル、ブラシが2in1になったアタッチメントが付属しています。サイドの押し込みでノズルとブラシが切り替え可能です。

Engadget
▲装着時。本体はそれなりの長さになりますね。

今回はブラシで、PCのキーボード・ディスプレイまわりを掃除していきます。

Engadget
▲細かいブラシなので、キーボードなどの微妙な隙間にもぴったりですね。

このアタッチメントがなかなか便利ですね。細かいホコリはもちろん、様々な隙間への対応が可能です。室内はもちろん、車内などの掃除しにくい環境でも難なく対応できます。

ディスプレイは細かいホコリが付着していましたが、ここはパワフルモードで綺麗に掃除できました。

以上、標準モードとパワフルモード、状況に応じて使い分けのできるハンディクリーナーでした。車をお持ちの方はこの製品を常備しておくことが出来ますし、一人暮らしにも、小さいお子さんがいらっしゃる家庭にも丁度いいですね。お子様が何かをこぼしたときにも即座に対応できますからね。

現在この製品は一般販売しておらず、GREEN FUNDINGにてクラウドファンディングのプロジェクトを展開中です。価格は1セット1万1980円〜複数個セットも用意されています。ほかにも専用充電スタンド1980円、延長ノズル2580円、オプション2点セットが3700円、それぞれ割引価格で展開しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cleaner, greengadget
0シェア
FacebookTwitter