シャープ製の中型5Gモバイルルータ、KDDIが法人向けに発売

「5G回線をシェアする」がコンセプト

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年03月25日, 午後 05:30 in 5g
68シェア
engadget
KDDIは、シャープ製の5G対応モバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi 5G X01」を法人向けに3月27日より発売します。

「Speed Wi-Fi 5G X01」は、6GHz帯以下のSub6に加えて、ミリ波(28GHz帯)の5Gにも対応。受信時最大4.1Gbps・送信時最大481Mbpsの超高速データ通信が行なえます。

また、無線LANの新規格 Wi-Fi6(802.11ax)にも対応。タブレット端末やノートPCなどを最大16台まで同時接続できるほか、複数端末を接続しても、高速かつ安定な通信が可能だといいます。

本体サイズは157 x 84 x 16mm、重量265gと、一般的なモバイルWi-Fiルータと比較して一回りも二回りも大きいのも特徴。大型な筐体を活かし、2.5GBASE-Tのマルチガビット有線LANポートや、USB 3.0(USB-C)端子を備えるなど、有線接続機能も充実しています。

engadget

接続性が優れるのを活かし、イベント会場や仮設事務所など、固定回線の利用が困難な場所で、据え置き型Wi-Fiルータとして、5Gの高速回線をシェアするユースケースなども想定します。


▲ベースモデルの実物写真

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

68シェア