新型EV「ポールスター2」の生産が中国で始まる。既に「5桁」の予約を受注済み

従業員はもちろん全員マスクを着用

Hirokazu Kusakabe
Hirokazu Kusakabe
2020年03月26日, 午前 07:50 in Transportation
0シェア
FacebookTwitter
Polestar 2新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の自動車メーカーが工場の操業停止を余儀なくされている中、中国浙江省台州市路橋区にある工場では、新型電気自動車「ポールスター2」の量産が始まりました。ポールスター2は、ボルボ・カーズから高級電動車ブランドとして独立したポールスターの市販モデル第2弾。第1弾の「ポールスター1」はプラグイン・ハイブリッド車だったので、これが同ブランド初の純粋な電気自動車となります。

Polestar 2

ボルボ・カーズとポールスターは、共にスウェーデンに本拠を置く会社ですが、2010年から中国の浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)傘下にあり、近年は中国における自動車の生産に力を入れています。

浙江吉利控股集団が所有する路橋区の工場では、既にボルボの小型SUV「XC40」や、同グルーブの新しい自動車ブランドであるLynk & Coの「01」というモデルが生産されています。ボルボ XC40もLynk & Co 01も、そしてポールスター2も、「CMA」と呼ばれるボルボが開発した小型車用プラットフォームをベースとしています。

Polestar 2

ポールスターが公開した路橋工場の写真には、全員マスクを着用した従業員が新型EVの生産に取り組んでいる様子が写っています。工場はすべて消毒され、社員には検温が義務付けられるなど、当然ながら厳格な衛生管理と感染防止措置が取られているようです。

ポールスターのトーマス・インゲンラスCEOは、声明で次のように述べています。

「世界中が新型コロナウイルスの感染拡大に震撼しています。私たちは今、そんな厳しい状況下で、従業員の健康と安全に多大な注意を払いながら、生産を開始しました。これは工場で働く人々の努力と、部品供給の安定に力を尽くしてくれたサプライ・チェーンの協力によって成し遂げた偉業と言えるでしょう。私はチーム全員に心から敬意を表します。皆さんに感謝いたします!」

Polestar 2

2019年2月に発表されたポールスター2は、車体の前後に搭載された2基の電気モーターが、合計で最高出力300kW(408ps)と最大トルク660Nmを発生する4輪駆動のEV。容量78kWhのリチウムイオン・バッテリーにより、1度の充電で470kmの距離(WLTPモード)を走行可能です。欧州における価格は5万9900ユーロ(約720万円)と、テスラの「Model 3」の直接的なライバルになると見られています。なお、ポールスターもテスラに倣い、遅れてモーターの数とバッテリー容量を減らした廉価グレードを投入する予定です。

Polestar 2

また、ポールスター2は世界で初めて、GoogleのAndroidをベースにしたインフォテインメント・システムを標準搭載する市販車でもあります。従来のAndroid Autoとは異なり、車載システム自体に「Android Automitive OS」が組み込まれているため、スマートフォンを持ち込まなくても車内でGoogleマップやGoogleアシスタントなどが利用できます(ただし、スマートフォンはキーにもなるため、忘れずに所持した方がよいでしょう)。

Polestar 2

新型コロナウイルスの感染拡大が沈静化しつつあると言われる中国では、既にトヨタやホンダ、日産などの工場が生産を再開しています。その一方で、日本では今週になってから、トヨタやマツダの工場で操業停止するという報せが相次いで聞こえてきました。その理由としては「従業員の健康と安全の確保」のほか、「主に海外市場における需要の減少」などが挙げられています。

Polestar 2

しかし、発表から1年が経つポールスター2は、既に「5桁」におよぶ予約を受けていると、同社はEngadgetの姉妹メディアであるTechCrunchに明かしています。生産調整の必要はなく、それよりもまず、公約通りに出荷を開始することが、この新しいブランドにとって大事であることは言うまでもありません。

いよいよ量産が始まったポールスター2は、今年の夏よりまずは欧州で納車が始まり、続いて中国と北米で発売となる予定です。その頃には、マスクを着用せずとも新しいクルマを見に行けるようになっているとよいのですが。

Gallery: Polestar2 | of 26 Photos

  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar
  • Polestar 2
    Polestar 2
    Image Credit: Polestar

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: car, electric vehicle, ElectricCar, ElectricVehicle, ev, geely, polestar, Transportation, volvo
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents