クアルコム最新チップ搭載、ノイキャンレベルを調整可能な完全ワイヤレスイヤホン「TRACK Air+SE」

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
GREEN FUNDING with Engadget Staff
2020年03月26日, 午前 11:45 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
GREENFUNDING
GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

デンマーク発オーディオブランド『LIBRATONE』最新作が日本初上陸!
最先端ANC技術・CityMix搭載の完全ワイヤレスイヤホン。

デンマークのオーディオブランドLIBRATONE(リブラトーン)。
同社が昨年発表した「TRACK Air+」は、国内外有名ブランドTWSの対抗馬として、多くの海外メディアから高い評価を受けています。

今回、「TRACK Air+」の優れた点はそのままに、さらに進化した創立10周年記念モデル「TRACK Air+SE(スペシャルエディション)」が日本初上陸!
周囲の環境に応じてノイキャンレベルを調整出来る、最先端ANC技術・CityMix搭載。
外音取り込みや・防水機能など、トレンドがぎゅっと詰まった超ハイスペック仕様のワイヤレスイヤホンです。


市場にあふれる多数の完全ワイヤレスイヤホン製品。
しかし、国内外の有名ブランド2製品が、他社製品の追随を許さず、高いシェアを占めていました。

LIBRATONE社「TRACK Air+」「TRACK Air+SE」は、この状況を大きく変える可能性を持った、超ハイスペック仕様の完全ワイヤレスイヤホンです!

事実、発売開始直後から、その優れた性能性、デザイン性に注目した、多くの海外メディアによって、この2製品との比較が多くなされているのです。

上の図は、「TRACK Air+SE」と国内外の有名ブランド2製品との、主なスペックの比較図です。他社2製品に引けを取らない、「TRACK Air+SE」の性能の高さがお分かりいただけるかと思います。

さらに、注目頂きたいのは装着イメージ比較。高いデザイン性もまた「TRACK Air+SE」の大きな特徴なのです。シャープなシルエット、コンパクト性は随一!従来の、無機質でデザイン性の低いイヤホン、耳元に着用するにはコンパクト性に欠けるイヤホンにうんざりしていた方。ファッションの一部として見た目にもこだわりたいと考えている方にはぴったりの、スタイリッシュなワイヤレスイヤホンは「TRACK Air+SE」だけ!

現在ANC機能は、完全ワイヤレスイヤホンの必須機能となりつつあり、ANC機能搭載モデルも市場に多数存在しています。
しかし、そのほとんどがON/OFFの切り替えにのみ対応したもの。さらに、中には、その効果がほとんど実感できない製品も...。騒音を感知し、逆位相の音波で打ち消すANCですが、周囲の環境や、ユーザーの好みにより、最適なANCレベルは変わるもの。他製品のレビューをみると、ANCが効きすぎている、または効きが弱すぎる、なんてご意見もよく目にします。

そんな不満を解決してくれるのが、「TRACK Air+ SE」に搭載された最先端のANC機能、自由にノイキャンレベルを調整出来る、CityMix技術です。

最大30dBの優れたノイキャン効果と、CityMix技術で、音楽に没頭するもよし、環境音を取り込みつつ音楽を聴くもよし、楽しみ方が無限に広がります。


「TRACK Air+SE」最大のポイントは、最先端ANC機能であるCityMix技術です。 ノイキャンのON/OFFだけではなく、周囲の環境やシーンに合わせて、細かくノイキャンレベルを調整出来る優れもの。

デフォルトでは、周囲の騒音を感知し、イヤホンがノイキャンレベルを自動調整してくれるSMARTモードに設定されていますが、専用アプリを使えば、ご自身のお好みでレベルを調整頂ける、マニュアルモードが使用できます。

ノイキャンレベルは0から30で設定されており、アプリ画面上での調整が可能。環境は目安として設定されていますので、ご自身のお好みで調整頂けます。

比較的静かな環境で小さな物音を消したい、電車の走行音を消したい、など、その時々に応じて最適なノイキャンレベル設定が出来るCityMix技術。

一度使うと、その快適性の虜に。


▲実際の専用アプリ操作画面です。


「TRACK Air+SE」のANCは、自由にノイキャンレベルの調整が出来るCityMixの他、外音取り込み/風切り音軽減モードの、2つの便利機能を搭載しています。イヤホンをダブルタップすることで、素早くモードを切り替えることが可能。

外音取り込みモードは、音楽を聴きながら、環境音を取り込むモードです。専用アプリでノイキャンレベルを調整出来るCityMixと異なり、こちらは、一時的に環境音を取り込みたいシーンに便利。
例えば、レジでの会計時、電車のアナウンスを聞きたい時、話しかけられた時など、イヤホン本体をダブルタップするだけで、瞬時に環境音を取り込むことが可能です。再生中の音楽のボリュームも、それに合わせて一時的に下がります。

環境音を取り込んで、ジョギングなどワークアウトを安全に楽しみたい時には、CityMixでレベル調整。高いノイキャンレベルで音楽に没頭したいけれど、即座に環境音を取り込む必要が有る時には、外音取り込み機能を活用と、使い分けができる便利な機能です。


風切り音軽減モードは、スペシャルエディション限定機能です。

通常のANCと同じ原理ですが、風切り音に特化しているのがポイント。ワークアウトや、通勤・通学で、自転車に乗られる方には嬉しい機能ですね。

※自転車走行時のイヤホン着用の交通ルールは都道府県により異なります。必ずご確認の上、ご使用ください。


完全ワイヤレスイヤホンで初めて、クアルコム最新チップQCC5121を搭載した「TRACK Air+」。SEモデルにも、引き続きこの最新チップが搭載されています。大幅に受信感度が向上、ワイヤレス接続の安定性に貢献し、低遅延を実現しています。BluetoothコーデックはSBCの他、高音質のAAC、apt-Xにも対応。iPhoneユーザーにも、Androidユーザーにも美しくクリアな音を楽しんでいただけます。

上の図は、TWS通信方式イメージです。
TWSでは、まず片側のイヤホンが親機としてデータを受け取り(一次接続)、その後、もう片側の子機へデータを転送します(二次接続)。この方式では、親機に負担がかかり、バッテリーが片減りするという問題が有りました。

しかし、「TRACK Air+ SE」にはロールスワッピングを搭載。左右イヤホンのバッテリー残量により、親・子を自動で切り替えてバッテリーの片減りを軽減。長時間の連続再生が可能になりました。



「TRACK Air+ SE」は、片側のイヤホンだけをペアリングし、片耳イヤホンとして使用頂くことが出来ます。左右別々のデバイスとペアリングすることも可能。 例えば、音楽は両耳で聴いて、通話時はハンズフリーイヤホンとして片側だけを使用するというようにお好きなスタイルで楽しんでいただけます。

※運転中のハンズフリー通話は、自治体により禁止されている場合がございます。必ずご確認の上、ご使用ください。




「TRECK Air+ SE」には特許取得技術、トリプルマイク方式を採用。デユアルマイク方式と比較すると、より一層クリアな通話品質を体感頂けるようになりました。例えば電車のホームや人混みの中でも、通話の声を明瞭に聞き取ることが可能です。



「TRECK Air+ SE」の音質の特徴は、キラキラ感が有り、美しく伸びる高音域!特に女性ボーカルの曲やテクノサウンド、jazzなどと相性抜群です。
低音域は控えめですが、専用アプリでのイコライザー調整が可能。通常モード(オリジナルサウンドモード)・低音強調モード・高音強調モードの3タイプから選ぶだけのシンプル操作なので初心者の方でも簡単に調整頂けます。



1度の充電で約6時間の連続再生が可能。さらに充電ケースでは、フル充電時、イヤホンを3回充電出来るので、合計で24時間、モバイルバッテリーや電源の無い環境でも音楽を楽しんで頂けます。

イヤホン、充電ケースともに、1.5時間でフル充電出来ます。



操作は簡単。タッチセンサー式なので、指先で本体をタップするだけ。ワークアウト中もさっと操作が完了するので安全です。
音楽の再生や受話、曲送りやノイキャンモード切り替えなど、全ての操作が可能です。

また、専用アプリを使い、これらのジェスチャーコントロールをカスタムすることも可能。
デフォルトでは、左右イヤホンともに、ダブルタップで音楽の再生/一時停止・電話の応答/終了ができ、トリプルタップはオフに設定されています。



人間工学に基づき設計された「TRACK Air+ SE」。3点でしっかり支えるので、快適な着け心地を体感いただけます。また、優れたパッシブノイキャン効果にも貢献。耳のサイズに合わせて選べる4サイズの付属イヤーチップが、さらに密閉性を高めます。



従来の完全ワイヤレスイヤホンと比べ、さらに小さく、シャープに仕上がったコンパクトボディもポイントです。すっきりしたフォルムで耳元すっきり!就寝前に音楽を楽しんでいて、そのまま眠ってしまった...そんな時でも、違和感が少なく、眠りを妨げません。

片耳わずか5.6g。付けていることを忘れてしまいそうな、超軽量設計で、軽快な装着感を体感頂けます。



自由に音楽を楽しめる完全ワイヤレスに欠かせないのが防水性能!防水性能IPX4に適合する「TRACK AIR+ SE」なら、水の飛沫に対して保護されていますので、汗をかいたり、軽い雨であれば問題有りません。ワークアウトのお供に最適なイヤホンなんです!



充電ケースは、ワイヤレス充電が可能です!USB Type-Cポートにケーブルを接続する手間なくスマートな充電が可能。専用充電器は別売りになりますが、市販されているQi規格のワイヤレス充電器と互換性が有ります。



専用アプリの使いやすさも、「TRACK Air+SE」の大きな特徴。 使い方は簡単。ペアリング後、アプリを起動して頂くだけです。日本語表示で、直感的な操作が可能です。

ノイキャンモードの切り替え、ノイキャンレベル調整、イコライザー調整、ジェスチャーコントロールカスタムなどの各種設定、他、分かりやすい図解付き製品マニュアルもアプリからご覧いただけます。



◆2020年3月17日 クラウドファンディング開始

◆2020年5月15日 クラウドファンディング終了

◆2020年5月15日以降 プロジェクト終了後、順次日本国内発送予定

Q:完全ワイヤレスイヤホンとは何ですか?
A:左右のイヤホンが独立したBluetoothワイヤレスイヤホンです。左右分離型ともよばれています。左右のイヤホンを別々のデバイスとペアリングすることも可能です。

Q:防水ですか?
A:はい、IPX4に適合しています。ただし、強い雨の中で使用されたり、水に浸けられると故障の原因となります。

Q:日本語の取り扱い説明書は付属しますか?
A:はい、お付けしております。

Q:保証期間はありますか?
A:はい。ご購入後1年間の保証期間を設けております。取扱説明書に従った使用状況下での不具合につきましては、当社送料負担の上、修理・交換対応をさせて頂きます。
※故意の過失や、誤ったご使用方法により生じた不具合は除く。

Q:LIBRATONEとはどのようなメーカーですか?
A:デンマークのオーディオメーカーです。2009年創立と、まだ新しいメーカーですが、GoogleやAppleとの業務提携実績も有り、優れた性能とデザイン性を兼ね備えたオーディオ製品を次々と世に送り出しています。

Q:TRACK Air+とは、どのような製品ですか?
A:昨年発表された、LIBRATONE社製完全ワイヤレスイヤホンです。TWSのトレンド機能を満載したハイスペック仕様で、販売シェアトップを占める、国内外の有名ブランド2製品に並ぶ完全ワイヤレスイヤホンとして、海外メディアや動画サイトで大きな話題となりました。

Q:TRACK Air+と、TRACK Air+SEは、何が違いますか?
A:TRACK Air+SEは、TRACK Air+をベースモデルとして開発された、LIBRATONE社10周年の限定モデルです。優れた性能面はそのままに、スペシャルエディションに相応しい、ブラック×ゴールドの高級感溢れるデザインに仕上がっています。
さらに、風切り音軽減モード、より通話品質をクリアにしたトリプルマイク方式は、SE限定仕様です。

「TRACK Air+SE」は、LIBRATONE社初の完全ワイヤレスイヤホンであり、販売開始後、多数の海外メディアで高い評価を受けている「TRACK Air+」の10周年限定モデルとして開発された完全ワイヤレスイヤホンです。

デザインカラーには、スペシャルエディションの名に相応しい、美しいブラック×ゴールドを採用。スタイリッシュで洗練された「TRACK Air+」のフォルムを継承し、さらに高級感をプラスした仕上がりになっています。


「TRACK Air+」は、販売開始後、多くの海外メディアに取り上げられ、その性能の高さから、販売シェアトップを誇る、国内外有名ブランドTWSの対抗馬になり得る製品として高い評価を受けてきました。クアルコム最新BluetoothチップQCC5121による、高い接続安定性。伸びる高音域が美しい、北欧サウンド。ワイヤレスイヤホンの、無機質、武骨といったイメージを覆す、スタイリッシュなデザイン。 何より、「TRACK Air+SE」にも引き継がれる、最先端ANC機能CityMixが生み出す快適なノイキャン効果は、市場に数多く存在するTWS製品と一線を画し、快適な音楽体験をユーザーにもたらしています。

▼「TRACK Air+」は動画共有サイトでも大きな話題を呼び、大手メーカー製品との比較動画が多数アップロードされています。

2009年創立の LIBRATONE (リブラトーン社)は、デンマークのコペンハーゲンに本社を置くオーディオメーカーで、ワイヤレススピーカーやイヤホン・ヘッドホンの開発を行っております。社名の LIBRATONE (リブラトーン)は Liberty(=自由)と Tone(=音)から生まれました。ライフスタイルに合わせ、自由に音楽が聴けるように、との願いが託されています。

LIBRATONEの小鳥ロゴマークは、デンマークを代表する詩人であり童話作家、アンデルセンの作品「ナイチンゲール」に由来します。中国の皇帝が重い病の床に伏したとき、窓際にやってきて彼を救ったのはナイチンゲールの美声でした。「美しい音」と「自由」を追い求めることが同社の信念です。
LIBRATONEのデザインは、スカンジナビアンデザインを礎とし、従来のオーディオシステムのような無機質なものではなく、家具と調和した空間をデザインします。

LIBRATONEオーディオ製品は、多くのデザイン賞の受賞歴、また、GoogleやAppleとの業務提携実績を持ち、世界的に高く評価されています。

#起案者

みなさま、こんにちは。「AFUストア」と申します。
わたしたちは、みなさまに素晴らしい商品をお届けしたいという想いから、2017年にクラウドファンディング事業を立ち上げました。これまでに国内の大手クラウドファンディング運営サイトを通じて150件以上のプロジェクトを立ち上げてまいりました。おかげさまで、ご支援の総額も3億円を上回り、1000万円以上を達成したプロジェクトも多数あります。
また、国内のクラウドファンディングの傘部門では 1~3位までを独占、アウターやモバイルバッテリーなど数多くの商品がメディアにも取り上げられています。これからもわたしたちは、感動と驚きの商品をそろえ、暮らしが豊かになる良品をみなさまにお届けいたします。

ここをクリックして、AFUストアのほかのプロジェクトをチェック!

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Gadgets, greengadget
0シェア
FacebookTwitter