あつまれ どうぶつの森 アイテム増殖バグ技、パッチで修正。イベント参加には更新必須

真似しないように

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年03月27日, 午前 08:58 in nintendo switch
0シェア
FacebookTwitter


Nintendo Switchソフト『あつまれ どうぶつの森』が更新データVer.1.1.1の配信を開始しました。

公式の主な更新点は「ゲームバランスに影響を及ぼす重篤な不具合を修正しました」。

具体的にどのような不具合だったのかは明らかにされていませんが、どうぶつの森では比較的容易なアイテム複製バグが見つかっており、更新後には再現できなくなっています。

あつまれ どうぶつの森は発売当日のいわゆるデイワンパッチで、主にオンライン関係の機能が有効化されていました。3月26日付の Ver.1.1.1 は発売以来2度めの更新。

ニンテンドースイッチをインターネットに接続した状態であればゲーム中でも自動的にダウンロードが進み、完了したところで更新してゲームを再起動するか問われます。

修正された不具合のうちひとつと思われるアイテム複製バグは、複数プレーヤーで遊ぶことで実行できる方法でした。

Ver.1.1.1に更新しなくてもプレイは可能ですが、以前のバージョンとはローカル通信の互換性がないため、混在では遊べなくなります。

その場合、旧バージョンの人がインターネットに接続するか、「近くの人とバージョンをそろえる」で更新が可能です。

どうぶつの森

『あつまれ どうぶつの森』では4月1日から初めての季節イベント「イースター」を予定していますが、こちらを遊ぶにもソフト更新は必須。

実時間でイベントの開始期日になってから、ニンテンドーアカウントに接続したユーザーでネットに接続して、Ver.1.1.1a に更新する必要があります。

つまり、4月1日以降のタイミングでインターネットに接続して更新できないかぎり、季節イベントは遊べません。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: acnh, animal crossing, animalcrossing, nintendo, nintendo switch
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents