リングフィットアドベンチャー、新モード「リズムゲーム」追加。相棒リングに女性ボイスも

無料アップデートとは思えない大盤振る舞い

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年03月27日, 午後 12:40 in nintendo
142シェア
ringfit
突発的に公開された「Nintendo Direct mini 2020.3.26」にて、Nintendo Switch専用ソフト『リングフィットアドベンチャー』の無料アップデート(Ver.1.2.0)が発表されました。

すでに更新データの配信は開始されており、ダウンロードが終わりしだい直ぐに遊びつつカラダを鍛えることができます。

もともと本作はRPG風味のアドベンチャーモードでラスボスを倒した(和解)後も2周目の「エクストラフィットネス」が用意されている恐るべきボリュームを誇っていますが(そのクリア後も開放要素あり)、今回のアップデートもかなり筋肉が喜ぶ、ないし音を上げそうな充実ぶりです。

まず、新たなモード「リズムゲーム」の追加。リズムに合わせてタイミングよくリングコンを押し込んだり、引っ張ったり、回したりしてハイスコアを目指します。

ring
本モードの楽曲としては「スーパーマリオ オデッセイ」や「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「スプラトゥーン2」など任天堂タイトルの楽曲を含む全17曲がプレイ可能です。

ring

それぞれの楽曲に「初級」「上級」と2段階の難易度があり、プレイの仕方もリングコンを体の正面に持って遊ぶ「うで+あし」モードと、リングコンをお腹に押し込んで「腹筋ガード」(敵の攻撃にガードを固める)の構えで遊ぶ「おなか+あし」モードの2つがあります。このうち「うで+あし」モードのみ、「上級」を一定ランク以上でクリアすると、さらに歯ごたえある譜面にチャレンジできるようになります。

ring

このモードでのベストスコアは、フレンドや世界のプレイヤーと比較もできるとのことです。ただし、この機能は有料サービスNintendo Switch Onlineへの加入が必須となります。

またアドベンチャーモードの相棒「リング」の声に女性ボイス(日本語CV:伊藤静さん)が追加され、さらに10種類の言語を選べるようになりました。こちらは設定画面(マイメニュー)からプレイ中に簡単に変更できます。

ring

そして「お手軽」の中に、アドベンチャーモードのコースからバトルをなくした「ジョギング」が追加されました。アドベンチャーでもスムージーを飲んだり敵をジャンプで飛び越えてバトルを避けられますが、そうした手間が不要です。その場での足踏みで進む通常モード、膝を屈伸させる(床に振動を与えない)サイレントモードどちらにも対応しており、昨今の外出しにくい環境でもアウトドアな感覚が楽しめます。

ring
ほか、自分なりのフィットネスリストが作れる「カスタム」も保存できるリストが3個から20個に増え、プレイ日数に応じて表示される「豆知識」をいつでも見返えすことも可能に。

ring
さらにアドベンチャーでは、敵のHPが0になって倒した後もそのまま運動が続けられるオプションが選べるようになりました。たとえばレッグレイズなどキツい腹筋運動をしていると、途中で解放されてホッとしますが、それも最後まで自分を追い込めるようになります(最後まで行った分のEXPも入るように)。

筆者もLV242になりながら終わりが見えない「リングフィットアドベンチャー」ですが、2020年の残り期間も冒険しながらフィットネスが楽しめそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

142シェア