「Visa LINE Payクレカ」再始動。タッチ決済対応、4月下旬に申込開始

新たに三井住友カードと提携

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年03月26日, 午後 03:05 in payment
121シェア
engadget
LINE Payは、延期していた「Visa LINE Payクレジットカード」の申し込み受付を4月下旬より順次開始すると発表しました。

「Visa LINE Payカード」は、LINE Payと紐づくクレジットカードです。一見すると現在JCB一択の「LINE Payカード」のVisa版に思えますが、それは誤り。あくまでVisaのクレジットカードであり、LINE Pay残高をVisa加盟店で利用できるわけではありません。

一方、決済時にLINEで通知を受け取れる点は現行のLINE Payカードと共通。また、同カードと紐付けることで、LINE Pay残高がなくてもLINE Payのコード決済やオンライン決済を利用できるようになります。

ポイント還元率は2021年4月30日まで3%。以降は1%。年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上のカードショッピング利用で無料です。なお、年間1回以上の利用がない場合、1250円がかかります。


engadget
▲通常版のカードデザイン

engadget
▲オリンピックエンブレムデザイン

同カードはもともと、オリコと提携し準備を進めていましたが、今年1月に提携解消を発表。提供が危ぶまれていましたが、新たに三井住友カードをパートナーとして迎え、提供できる体制を整えました。

申し込みは、昨年のLINE公式アカウントにおける先行案内の手続きを済ませたユーザーから優先的に案内。一般申し込みの開始時期については4月20日以降に案内します。

なお、LINEは同カードとは別に、LINE Pay残高が利用でき、かつVisaタッチ決済に対応した「デジタル決済対応カード」も準備しています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

121シェア