Chrome Upfate
Googleは、新型コロナウイルス対策で在宅勤務を余儀なくされていることから、ChromeおよびChrome OSのアップデートを一時停止し、セキュリティアップデートを優先するとの方針を発表していました。しかし3月26日(現地時間)、作業スケジュールの見通しが立ったのか、更新されたリリーススケジュールを発表しました。


それによると、現行のChrome 80へのセキュリティ修正と重要なパッチが来週提供され、停止していたChrome 81は4月7日の週にリリース予定。ただ、その後は元のスケジュール通りというわけでもなく、Chrome 82はStableを含むすべてのチャンネルでスキップされ、代わりにChrome 83を3週間前倒しでリリースするとのことです。Chrome 83はもともと5月中旬にリリース予定となっていましたが、Chrome 82のすべての作業を引き継いだ形でリリーするとのこと。

なお、Chrome 81は引き続きベータチャンネルのままですが、Chrome 83は今週中にDevチャンネルに移行します。


いまのところ、その先のChrome 84についてはスケジュールが確定しておらず、今後情報を共有していくとしています。

Chromeの更新が滞るのではないかと危惧されましたが、どうやらその心配はなさそうです。ただ、従来通りのスケジュールというわけには行かず、平常運転に戻るには、いましばらく時間がかかりそうです。