楽天モバイル、海外ローミングの提供エリアを変更

指定国以外では利用不可に

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年03月27日, 午後 03:10 in rakuten
0シェア
FacebookTwitter
engadget
楽天モバイルは、4月8日より開始する「Rakuten UN-LIMIT」の海外ローミングについて、提供エリアを変更すると発表しました。

従来は「海外指定66の国と地域では月2GBまでを無料、それ以外の地域は従量課金」と案内していました。一方、変更後は「海外指定66の国と地域」以外ではデータローミングが利用できなくなります。理由は『高額ご請求発生を防ぐ利用者保護の観点』としています。

つまり、下記指定の「66の国と地域」に該当しない、その他の地域では、ローミングが利用できないことになります。これら地域で電話の発着信・SMSの送受信を利用する場合は、Wi-Fi接続時のみ可能となります。

<海外指定66の国と地域>

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア(2020年3月3日時点)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: rakuten, mobile
0シェア
FacebookTwitter