HUAWEI、独自の音声アシスタント「Celia」発表

Hey Celia(セリア)でSiriも起動します

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月30日, 午後 12:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
HUAWEI
HUAWEIは3月26日、次期フラッグシップとなるHUAWEI P40シリーズを発表しましたが、それとともに、P40シリーズに搭載される独自音声アシスタント「Celia」も発表しています。


HUAWEIは、米国商務省のエンティティリストに入り、禁輸措置が続いているため、Googleのサービスを利用できない状態です。当然、Googleアシスタントも利用できないので、独自で音声アシスタントを用意するのは自然な流れといえるでしょう。

なお、独自サービスとしてはGoogleマップの代替えサービスも検討しているとのと噂がありますが、こちらについては特に発表はありませんでした。


Celiaは、現状では英語、フランス語、スペイン語を使い、英国、フランス、スペイン、チリ、メキシコ、コロンビアで利用できるとのこと。中国で利用できないのがやや意外ですが、中国向けにはすでに独自アシスタントの「Xiaoyi」を提供しており、Celiaはそのグローバル版とのことです。

Celiaにできるのは、天気の確認やテキストメッセージの送受信、電話をかけたり、リマインダーを設定したり。カメラに写ったものを調べたり、翻訳したりとGoogleレンズのような機能も持っています。

メーカー独自の音声アシスタントといえば、SamsungのBixbyを思い出さずにはいられませんが、Googleアシスタントが使えず、他の選択肢がない状況では、よりうまくいく可能性はありそうです。

ところで、発音は「セリア」なのですが、「Hey Celia」でiPhoneのSiriが反応してしまいます。偶然なのか狙ったのかは定かではありませんが、Siriを起動させるメリットもないので偶然でしょう。

Celiaは、4月7日にEMUI 10.1がリリースされたあと、OTAでP40シリーズに提供されるとのことです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: celia, gear, google assistant, huawei, huawei p40, mobile, p40, p40 pro, siri, voice assistant, xiaoyi
0シェア
FacebookTwitter