アイリスオーヤマ、マスクを生産。6月から国内工場で月6000万枚

シャープも国内生産を開始しています

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年03月31日, 午後 12:30 in electronics
0シェア
FacebookTwitter
irisohyama mask

家電製品や収納用品などを手がけるアイリスオーヤマが、6月からマスクの国内生産を始めると発表しました。新型コロナウイルスによるマスク不足を受けた措置です。

同社はこれまで中国の大連工場と蘇州工場の2拠点において、24時間稼働でマスクを生産し、月8000万枚を日本国内に供給してきました。

約10億円をかけて宮城県角田工場の一部を改修し、月6000万枚(30日稼働の場合)のマスクを新たに生産することで、日本国内へ月1億4000万枚を供給できる体制を築くとしています。

生産アイテムは、不織布マスク(プリーツマスク、学童用マスク)で、ドラッグストアなどを中心に供給していくと言います。

なお、製品の詳細や価格は未定としていますが、『これまで中国1か国に依存していた生産体制を分散し、リードタイムを約2週間短縮できるため、安定して供給できる』と説明しています。

マスクの国内生産については、大手家電メーカーのシャープが三重県多気町の自社工場でマスクの生産を開始しています。


 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: electronics, irisohyama, mask, sharp
0シェア
FacebookTwitter