engadget
「au PAY」が公共料金などを支払える「請求書払い」に3月31日より対応します。

「請求書払い」では、公共料金などの請求書(払込票)に記載のバーコードを読み取ることで、その場で「au PAY」残高から支払えるサービスです。

提供開始時点では、北海道ガス、レモンガス、大阪ガス、関西電力、中国電力、沖縄電力が取り扱う電気料金・ガス料金の請求書に対応します。

対応支払先は今後も拡大し、4月1日に東京都水道局、2020年5月下旬以降に5000以上の自治体・通販会社と接続する電算システム、6月上旬以降に東京電力が取り扱う請求書への対応を予定しています。

同様のサービスはLINE Pay、PayPayにもあり、スマホ決済の看板サービスの1つになっています。