Googleドライブで「ショートカット」機能が提供開始

これまでショートカットっぽい機能はありました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月30日, 午後 03:30 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Google Drive
Googleドライブのショートカット(ショートカットアイコン)機能が、一般提供開始されました。意外なことに、Googleドライブにはこれまで、ショートカット機能がありませんでした。

ショートカットアイコンに近い機能として、複数のフォルダに保存できる機能がありました。これは、「A」「B」というフォルダの両方に、同じファイルを保存できるというもの。ショートカットとは違い、どちらかのファイルを削除すると両方のフォルダから削除されてしまいます。フォルダと言うより、「A」「B」というラベルを付けられた状態と考えるとわかりやすいかもしれません。

これに対しGoogleは、2019年8月にショートカットアイコン機能のベータテストを開始。今回の一般提供に合わせて、2020年9月30日から、複数のフォルダに配置できる機能の廃止も発表されました。9月30日以降、ファイルの実体は1つのみで、他のファイルはショートカットに置き換えられるとのこと。これにより、チームで作業をしている場合など、フォルダ毎に共有を行う際にわかりやすくなるとしています。

また、共有ファイルなどを開いた場合に表示される「マイドライブに追加」のオプションも「ドライブにショートカットを追加(Add shortcut to Drive)」に置き換えられます。

正直なところ、冒頭に書いたとおり、ショートカット機能がこれまでなかったのが意外なのですが、「複数のフォルダに実体がある」というわかりにくい状態から「実体は1つ、あとはショートカット」というなじみのある状態になるのは歓迎したいところです。

この機能、3月26日から展開が始まっており、すべてユーザーで順次利用可能になります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gear, google, Google Drive, internet
0シェア
FacebookTwitter