engadget
NTTコミュニケーションズが「フルMVNO」サービスの国内提供を4月1日より開始します。

新たに開始する「フルMVNO」サービスでは、加入者管理システム(HLR/HSS)を自社で保有することで、eSIMの発行やSIMの休止・再開の管理、形状の選択など、従来のMVNOよりも自由度の高いサービスを提供できるようになります。

同社は2019年4月より、海外利用を中心としたフルMVNOサービス「IoT Connect Mobile」を提供していますが、今回国内におけるIoT通信ニーズの高まりを受け、下記をサービスを対象に、フルMVNOによるプランを追加します。
  • Arcstar Universal One モバイル
  • OCN モバイル ONE for Business
  • モバイルアクセス卸サービス
  • IoT Connect Mobile
なお、今回の提供は法人向け。今後は「フルMVNO基盤」を活用し、IoT機器のさらなる小型化などを実現するソフトSIMの開発や、5Gおよびローカル5Gへの対応など、さまざまなニーズに対応した機能の提供を検討するとしています。