ゲーム業界とWHOが新型コロナ対策でタッグ。「離れて遊ぼう」キャンペーン #PlayApartTogether

Twitch、YouTube Gaming、Unityなど賛同

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月30日, 午後 05:20 in COVID-19
0シェア
FacebookTwitter
#PlayApartTogether
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の猛威が欧州や米国まで広がる中で、ビデオゲーム業界の企業18社が啓発キャンペーン「#PlayApartTogether」を開始しました。

これは、多くの人が親しむゲームを通じて、WHOが推奨する正しい感染症対策(他の人との物理的距離を取る、こまめな手洗いを行う)を周知する取り組みです。『リーグ・オブ・レジェンド』のRiot Gamesなど北米・欧州のゲームディベロッパーなど18社が参加を表明。Amazon AppstoreやTwitch、YouTube Gamingといったプラットフォーマーやゲーム開発者向けツールを手がけるUnityも名を連ねています。

参加各社のゲームタイトルでは、 #PlayApartTogether のメッセージを伝えるための限定イベントやアイテム配布などを実施。Unityでは開発ソフトや学習プログラムを無償で提供するなど、それぞれの企業が取り組みを実施しています。

COVID-19の流行が深刻な欧州や北米で広汎な外出禁止令がでているなか、自宅で遊べて人と交流できるゲームは精神的な健康を保つ1つの手段となり得ます。

WHOの米国大使Ray Chambers氏は「#PlayApartTogether」に寄せた声明にて「COVID-19パンデミックを食い止める一助となるゲーム業界の取り組みに感謝します」とコメント。ゲーム内のチャットやSNSで 「離れて遊ぶ」楽しさを伝えながら感染症対策について考えるときに #PlayApartTogether のハッシュタグを使うことを推奨しています。

WHOとゲームを巡る動向として、この取り組みは注目に値します。WHOは昨年2019年5月に「ゲーム依存症」を国際疾病分類に追加し、その是非を巡って議論が沸きました。日本では香川県が青少年のゲーム利用を1日60分までに限定する「香川県ネット・ゲーム規制条例」を成立されています。

長時間のゲーム利用は深刻な精神障害につながる場合もありますが、生活の中でほどほどにゲームを楽しむことは、物理的な距離を離した上で人との繋がりを保つ上でも有用です。

外出がしづらい状況のなかで健康を維持するためには、Nintendo Switchの『リングフィットアドベンチャー』のような身体を動かすゲームを遊ぶのも良い試みと言えます。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: #PlayApartTogether, amazon, coronavirus, COVID-19, game, gaming, Twitch, Unity, WHO, YouTube, YouTubeGaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents