マスク在庫サイトが「消毒液」に対応、Amazonやビックの在庫を表示

わずか1週間で100万人以上が利用

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年03月31日, 午後 06:30 in coronavirus
0シェア
FacebookTwitter
mask site alcohol
ECサイトのマスクの在庫を一覧で確認できるサイト「マスク在庫速報」を運営するアスツールは、アルコール消毒液の在庫情報を追加したと発表しました。

これに伴い、サービス名称を「マスク在庫速報」から「在庫速報.com」へと変更しています。

マスクと同様に、複数の通販サイトから在庫のあるアルコール消毒液だけを抽出して一覧表示。アルコール消毒液は100mlあたりの価格を、価格の低い商品から順に表示します。なお、商品はアフィリエイトで表示しており、収益化も行っています。

マスク在庫速報は3月23日にオープンしたサイトで、リリース後わずか1週間で100万人以上が利用。サイトの利用者から『マスクだけでなく他の商品にも展開してほしい』という要望を受け、アルコール消毒液の在庫情報を追加したといいます。

3月31日時点で、Amazon.co.jp、楽天市場、ユニ・チャーム、ビックカメラなどの通販サイトに対応しており、今後も対応する商品と通販サイトを追加するとしています。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: alcohol, coronavirus, egmt, mask, site, web
0シェア
FacebookTwitter