OnePlus 8
中国OnePlusは、新型スマートフォン「OnePlus 8シリーズ」を4月14日にオンラインイベントにて発表すると予告しています。

現段階で公開されているOnePlus 8シリーズの情報は多くありませんが、全モデルが5G通信に対応し、また一部モデルには120Hz駆動ディスプレイが搭載されます。事前情報によれば、プレミアムモデルの「OnePlus 8 Pro」とスタンダードモデルの「OnePlus 8」、そして廉価モデルの「OnePlus 8 Z」の3機種が登場するようです。

OnePlus 8

OnePlus 8 Proについては、これまでもさまざまなリーク情報や予測レンダリングが登場しています。シリーズ最大の変更点は、30Wのワイヤレス充電に対応することでしょう。これまで、OnePlusシリーズでは継続して有線充電のみが採用されてきました。

OnePlus 8 Pro画面は6.78インチの有機ELカーブディスプレイで、上記のように120Hz駆動が可能。またリークアカウントのIshan Agarwalによれば、画面はMEMCやHDR10+、10-bit HDRに対応し、1400ニットの明るさを実現した、他モデルよりも高品質なものになるとされています。



OnePlus 8

中位モデルのOnePlus 8はディスプレイが6.5インチとわずかに小さく、また背面カメラもクアッドカメラではなくトリプルカメラになるようです。なお、搭載プロセッサはSnapdragon 865で5Gに対応するなど、基本スペックはOnePlus 8 Proから大きくは変わりません。

そして下位モデルはこれまで「OnePlus 8 Lite」と呼ばれていたものの、リークアカウントのMax Winebachによれば、その名称は「OnePlus 8 Z」となるようです。こちらでは6.4インチの90Hz駆動ディスプレイを搭載し、プロセッサには台湾メディアテックのDimensity 1000が採用されます。

まさに新型コロナウイルス騒動の真っ只中で登場することになるOnePlus 8シリーズですが、同社のアピールポイントでもある「ハイスペックスマホをミッドレンジ価格で」という路線が健在なのか、ぜひ確認したいところです。