Ryzen 4000シリーズ搭載ラップトップ、Acerから複数モデルが近日発売

省電力性能に期待

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Acer Ryzen 4000

AcerはCPUにRyzen 4000シリーズを搭載したラップトップ「Aspire 5」を発表しました。また、同じくRyzen 4000シリーズを搭載した「Swift 3」の発売も近日開始されます。

Ryzen 4000シリーズはアーキテクチャに7nmの「Zen2」を採用したプロセッサで、最大8コア/16スレッドまでの仕様が用意されています。また、競合するインテルのモバイル向けプロセッサと比べ、高いパフォーマンスがうたわれています。

今回新たに発表されたAspire 5は、6コアのAspire 5 4500Uを搭載。デイスプレイサイズは15.6インチで、最大24GBのRAMや最大1TBのストレージが選択可能です。製品価格は519ドル(約5万6000円)からで、6月に発売が開始されます。

また以前に発表されていたSwift 3は、14インチディスプレイを搭載するラップトップ。プロセッサにはRyzen 7 4700Uが採用されており、最大16GBのRAMや最大512GBの内蔵ストレージが選択できます。価格は629ドル(約6万8000円)からで、4月より発売が開始されます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acer, aspire, personal computing, ryzen
0シェア
FacebookTwitter