スプリントと米Tモバイルの合併が完了

5G早期展開へ

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月2日, 午前 09:50 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget
スプリントとTモバイルの合併が4月1日(米国東部時間)完了しました。

両社の合併を巡っては、ソフトバンクグループの孫正義社長が2013年に、経営不振に陥っていた米携帯4位のスプリントを買収。その際、3位のTモバイルとスプリントを合併させることで、1位・2位のベライゾン・AT&Tに対抗する狙いがあったとされます。しかし、米国当局により合併が頓挫。ソフトバンクグループはスプリント単独での経営再建を余儀なくされていました。

しかし、2018年に入ると風向きが代わり、訴訟などがあったものの、米当局がTモバイルによるスプリントの買収を承認。存続会社はTモバイルとなり、本日(4月2日)より新Tモバイルの株式(ティッカーシンボル TMUS)がNASDAQ Global Select Marketにおいて取引されています。

engadget

統合会社では、同社が豊富に持つ600MHz帯と2.5GHz帯という比較的低い周波数帯を用い、5Gエリアを早期に全米に展開する方針です。

(※Engadgetは、米Verizonの事業部門Verizon Mediaが運営するデジタルメディアの一つですが、管理及び編集を行う完全な権限は、米Verizonから独立しEngadgetに帰属しております)
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5g, softbank, sprint, TMobile, mobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents