バッファローからUSB Type-A・C同時出力可能なQuick Charge 3.0対応モバイルバッテリー

4月中旬発売予定

矢崎飛鳥
矢崎飛鳥, @ACCN
2020年04月1日, 午後 02:20 in MobileBattery
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
バッファローからUSB Type-AとType-C両端子から同時に出力できるQuick Charge 3.0対応のモバイルバッテリーが発売されます。

Engadget
▲容量6700mAhの「BSMPB6710C2」(左)が税込み5000円前後で、容量1万50mAhの「BSMPB10010C2」が5200円前後

Engadget
▲200円しか変わりませんので容量を重視される方には1万50mAhのほうをオススメ

Engadget
▲USB Type-AとType-C両端子を同時に使用可

Type-A端子はAUTO POWER SELECTに対応し、つないだデバイスに最適な給電(最大12W)が行なえます。
USB充電は近年規格が乱立しており、たとえば5V/2.4A出力が可能なモバイルバッテリーを使用してもiPhoneやAndroidなど端末側が対応していなければ性能を発揮できない場合がままあります。その点AUTO POWER SELECT機能は端末の違いを認識し、それぞれに最適な出力での充電を行うことが可能です。

Engadget
▲容量6700mAhのBSMPB6710C2は60グラムほど軽くて約150グラム。iPhoneを2回以上満充電できるので人によってはこちらで十分でしょう

Engadget
▲Type-C端子はQuick Charge 3.0出力に対応。新iPad Proもあっという間に充電してくれました

Engadget
▲「いつの間に空っぽ」を防ぐオートパワーオフ機搭載。未使用時は自動で通電が止まります

それぞれブラックとホワイトのカラバリを用意し、4月中旬発売予定。Quick Charge非対応のバッテリーは、そろそろご引退いただいて、新調されることをオススメします。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: battery, buffalo, Gadgets, MobileBattery, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents