米Amazon、SXSW 2020で上映予定だった映画を10日間だけ無料配信へ。非プライム会員も視聴可能

映画祭をオンライン開催

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年04月3日, 午後 04:00 in AV
0シェア
FacebookTwitter
SXSW

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、世界中で様々なイベントが開催できなくなっています。その結果自動車ショーで発表できなかった新車種はオンラインでの発表になり、映画は劇場公開を延期するなどの措置がとられています。

一方で、映画祭で上映予定だった映画は行き場をなくしていたものの、動画配信サービスが手を差し伸べています。Amazonプライム・ビデオとSXSWが、3月に開催予定だったマルチジャンルイベントSXSW 2020で上映予定だった一連の映画を10日間限定で無料配信すると発表しました。「Prime Video presents the SXSW 2020 Film Festival Collection」と銘打ったこのオンライン映画祭は、SXSW 2020に映画を出品する予定だった製作者に期間限定配信への招待状を送り、それに応じた作品を10日間だけ、Amazonのアカウントを持っている人すべてに無料配信するとのこと。視聴するのにプライム・ビデオ会員である必要はありません。

配信に応じた製作者には上映料が支払われるため、劇場公開やソフト化の予定がない作品の製作者には資金回収の足がかりにもなりそうなこの企画、まだ日程は決まっていないものの、Amazonは4月下旬メドの開催を目標にしているとのこと。

Amazonはこのオンライン映画祭の開催でプライム・ビデオをプロモーションでき、SXSWは上映できなかった作品を世に出すことで観客と映画製作者をつなぎ、収益を提供することができるでしょう。配給契約などの機会にもなるかもしれません。

SXSW映画部門のディレクター、ジャネット・ピアソン氏は「Amazonプライム・ビデオがこの企画を提案してくれたとき、私たちは大変うれしく思いました。私たちは、この未曾有の危機の中で創造的な解決策を模索する映画界の適応性と回復力に感銘を受けています」とコメントしています。

なお「Prime Video presents the SXSW 2020 Film Festival Collection」の作品は米国内ではAmazonのアカウントがあれば無料で視聴できるとのこと。日本国内でも地域で開催予定だった映画祭が続々中止になっていますが、動画ストリーミングサービスと手を組むのは少なくとも作品を世に出せる点で良いアイデアといえそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, amazon prime video, AV, coronavirus, covid-19, engadget, entertainment, gear, internet, movies, news, prime video, services, streaming, sxsw, sxsw2020, thebuyersguide
0シェア
FacebookTwitter