iPhone SE2(仮)は4月15日発表、21日出荷のウワサ

2020年内、唯一の新型iPhoneになるかも

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年04月3日, 午後 02:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
SE2
@OnLeaks/iGeeksBlog

今年春に発売との噂が相次いでいる、小型かつ廉価モデルのiPhone SE2(ないしiPhone 9。いずれも仮称)。長らく待望されている本デバイスにつき、アップルからの公式発表が4月15日で、出荷が22日との観測が届けられています。今回のウワサの発信源は、テック系の人気YouTuberであるJon Prosser氏です。同氏は新MacBook AirやiPad Proが発売される直前に「今週、アップルの新製品が発表される」とツイートして実質的に的中させ、先日も「iPhone 9は大量生産に入ったばかりだ」と述べていました

そして4月1日(現地時間)のツイートで、Prosser氏いわく「昨日の社内会議によると、アップルは現在4月のリリース準備をしています。暫定:4月15日の発表、4月22日の予定」とのことです。ただし(新型コロナウイルスの)パンデミックのまっただ中であり、状況は変わる可能性があるとも但し書きを付けています。
iPhone SE2の発売日を示唆する情報としては、サードパーティ製の専用ケースが米量販店に送られて「4月5日まで販売厳禁」と通達されたとの噂もありました。とはいえProsser氏のツイートの方が新しく、かつアップル社内でリーク元が調査されているという人物でもあり(自己申告ですが)ケースメーカーがつかんだ情報は古く、その後に情勢が変わったとも解釈できそうです。

iPhone SE2は基本的にiPhone 8をベースとして、4.7インチの画面サイズやTouch IDは踏襲(つまりFace IDは非搭載)。その内部にはiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップやメモリ3GBを搭載し、iPhone 8の現行価格を下回る399ドル(約4万3000円)ながら最新サービスやアプリを楽しめる、数年前の過去モデルからの乗り換え先として期待を集めています。

その一方ではフラッグシップのiPhone 12(仮)シリーズの発売が今年秋から「数か月」遅れる、すなわち2021年にずれ込む可能性も噂されています。だとすれば、iPhone SE2は「2020年内に発売される唯一の新型iPhone」となるかもしれないということ。今週から来週にかけて、アップルの動きを注視したいところです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, AppleRumor, iphone9, iphonese2
0シェア
FacebookTwitter