LTEにつながる電球、 プラススタイルが発売。Wi-Fi不要で高齢者を見守り

一定期間ON / OFFがないと通知

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月3日, 午後 04:30 in iot
0シェア
engadget
プラススタイルは、Wi-Fi不要でインターネット回線に繋がるLTEモジュール内蔵のLED電球「HelloLight 見守り(期間検知)」を本日(4月3日)発売しました。

「HeloLight」は、高齢の両親などの見守りに活用できるLED電球です。一定期間ON / OFFがないと、異常として知らせることができます。「SORACOM IoT SIM」の採用により、スマートフォンなどで利用するLTE回線に直接つながるため、複雑なWi-Fi設定は不要。一般的な26口金を採用するため、通常の電球と同じようにソケットに挿し込むだけで利用できます。


engadget


電球はLPWA(LowPowerWideArea)のLTEモジュールとSORACOM IoT SIMの組み合わせでLTE-M回線(700MHz/800MHz/1.8GHz/2.1GHz)に接続。クラウドを介して、登録したメールアドレスやLINEアカウントに電球の点灯を通知します。Web上から最後に検知した日時を確認できるほか、前述の通りON/OFFの操作が24時間ない場合は、電球からメールやLINEで通知が届きます。

engadget

通知機能を利用するには、見守り可能な「ベーシックプラン」(月額150円)、防犯・見守りが可能な「スタンダードプラン」(月額450円、共に税別)の契約が必要です。なお、機器購入後にアクティベートすると「スタンダードプラン」を3か月間通信費無料で利用できます。プランなどの詳細は、商品ページに記載されています。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: iot, lte, plusstyle
0シェア