Ethiopia AU Summit Health

マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に効き目が期待される7種類のワクチンを製造する工場を建設する計画に自身の財団を通じて資金を投じていると語りました。この7種類から最終的に最も高い効き目を有する1つもしくは2つを見つけ出して量産し、世界に蔓延する悪質な肺炎に苦しむ人々へ届けるのが狙いです。最終的に1~2種類に絞り込むと言うことは、建設資金のうち数十億ドルが無駄になることを意味します。しかしゲイツ氏は、世界経済が何兆ドルもの損失に直面しているいま、数十億ドルを無駄にしてでも効果あるワクチンを見つけ出すことには価値があると述べました。

ゲイツ氏は「われわれの財団は感染症に関する専門知識があり、感染症の流行についても、より多くの準備を整えられるようにいくらかの資金を投じた」と述べ「この初期の投資はエピデミックへの対策を加速させられる」としています。

計画では、新型コロナウイルス感染症に最も効果が期待される7種類のワクチン候補を選びだし、それぞれを生産する工場すべての建設に資金を投じます。ゲイツ氏曰く「たとえその(7種類の)中のせいぜい2つ程度しか効果を発揮しなくとも、いま時間を無駄にしないために7つすべての工場に資金を投じる。そして『よし、じゃあどれが効くかな?』と言って工場建設を始めるよ」とのこと。

Washington Porstによればゲイツ氏が候補に考えているワクチンの中には特殊な装置が必要なものも含まれています。そしてゲイツ氏はそれが結局無駄になる可能性も理解しており「数十億ドルを浪費することになるだろう。しかし数十億ドルの損失も経済的に何兆ドルも失われている状況では価値がある」と述べました。財団は「今この時間が大切だからこそ、資金調達で数か月分を節約できます」と付け加えました。

とはいえ、工場が製造を開始して試験も行えるようになるには約18か月、つまり1年半の猶予が必要だとゲイツ氏は考えています。またWashington Postには米国のすべての週でより厳格なロックダウン措置を講じるよう促し、効果的な対処のためには10週間の全国的なシャットダウンが必要だとの考えを述べました。

ゲイツ氏はすでにワシントン州シアトルの人々に家庭で新型コロナウイルス感染サンプルを採取できる検査キットを配布すると発表するなど、この災禍におよそ1億ドルを投じると述べています。

日本国内でも、新型コロナウイルス感染者の数が日増しに大きくなっています。東京では検査数の増加もあってか1日で118人の感染が新たに確認され、欧州や米国のような急速な感染拡大がいつ起こってもおかしくなさそうな気配。都の非常事態宣言云々よりも、いまはひとりひとりが可能な限り感染しないための努力をする必要がありそうです。

また、たとえば「地方へ逃げれば安心」と思う人もいるかもしれません。しかしもし自身が(すでに感染していて)無症状なだけだったとしたら、この時期の移動はかえって平穏な地域にまで感染を拡げる結果になりかねません。できるだけ外出を控え、外から帰ったときはうがい手洗いを徹底するという基本を守ることが、もっとも賢明な対策といえそうです。