Pokemon GO


ポケモンGOが、4月の毎週火曜18時〜19時に在宅対応のミニイベントを開催します。

これまで実験的に開催してきた「スポットライトアワー」と「不思議なボーナスアワー」を同時開催するもので、従来はサプライズだった特集ポケモンの種類も、ボーナスの内容も事前告知ありになり、予定しやすくなりました。


2020年4月スポットライトアワー&ふしぎなボーナスアワー
  • 2020年4月7日(火):「チョロネコ」 増加。ポケモン捕獲時XP2倍
  • 2020年4月14日(火):「コイル」増加。ポケモン捕獲時アメ2倍
  • 2020年4月21日(火):「ソーナンス」増加。ポケモンを博士に送ってアメ2倍
  • 2020年4月28日(火):「ポッポ」増加。ポケモン進化XP2倍

特定の場所やジムに行く必要はないため、在宅でも楽しめます。いずれも、その日にスポットライトを浴びて増えるポケモンだけでなく、どのポケモンにもボーナスが適用される点に注意。

それぞれの内容を見てみると、14日のコイル増加+アメ2倍は、でんきタイプ最強の一角ジバコイルを育成する機会。

21日の「博士に送る」でアメ2倍はかなり貴重なボーナスで、アメがほしいポケモンは捕獲したらこのタイミングまで温存するべきです。

28日のポッポ+進化XP2倍は、特に中盤までは目に見えて有効なレベル上げの基本「しあわせたまご(一定時間XP2倍)+まとめて進化」のために用意されたような組み合わせ。

すでにレベル上限に達していたり、間近の場合は焼け石に水ともいえますが、4月に捕獲したポケモンのうち進化に必要なアメの数が少ないものは、28日にタマゴを使ったうえで一気に進化させればレベル上げが捗ります。


ポケモンGOではこのほか、在宅プレイに対応するためタマゴの孵化に必要な距離を半分にしたり、ランク対戦のGOバトルリーグ参戦権が無料、ギフトのドロップ率や保持数・開ける数・内容強化、ジムに届く範囲を倍増、週替りのワンコインアイテムパックなどの対策を打ち出しています。

ポケモンGO、ジムのアクセス範囲を倍に拡大。レイドで密集軽減、アイテムも取得可


さらに今後は、在宅のままフレンドと一緒にレイドバトルに挑んだり、外出規制で行けなくなってしまった場所をゲーム上で訪れる機能、さらに夏のリアルイベントを在宅でも楽しめる新しい仕組みに変更するなど、世界の状況に対応してプレーヤーの助けとなるべき施策を予告しています。

ポケモンGO、在宅でフレンドとレイド参戦可能に。ナイアンティックのジョン・ハンケCEOが新方針を発表