Googleマップ、テイクアウトやデリバリー対応の飲食店を探しやすくするフィルター追加

今だけデリバリー対応の店がみつかるかも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年04月6日, 午後 05:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Google Map
Googleが、AndroidとiOSのモバイル版Googleマップをアップデートし、「テイクアウト」「デリバリー」に対応したお店を検索できるフィルターを追加しました。日本では3月末から順次展開されているようです。

Googleマップの上部、検索欄のすぐしたにボタンが追加され、タップすると、近隣の対応した店舗が表示されます。

Google Map

テイクアウトやデリバリーに対応しているかは、「Google マイビジネス」に登録された情報に基づき表示しています。

Googleは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連し、飲食店のビジネスオーナーに対して、一時休業やテイクアウトのみ、デリバリーのみなど業態変化を余儀なくされている場合には、その情報をGoogleマイビジネスのプロフィールに反映するよう呼びかけていました。

この情報を見やすく(検索しやすく)することで、飲食店のビジネスをサポートするとともに、ユーザーに対しても近隣でテイクアウトやデリバリーに対応した店を見つけやすくする狙いがあります。

なお、米国では一部店舗でGoogleマップから直接注文が可能になっていますが、いまのところ日本では提供されていません。

各サイトからの注文が必要にはなりますが、外食は出来ないけどいつもの同じ店に注文するのも飽きてきたという場合には、近くにデリバリーやテイクアウトに対応した店がないか探すのに使えそうな機能です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, coronavirus, covid-19, delivery, food-and-drink, foodanddrink, google, google maps, internet, ios, mobile
0シェア
FacebookTwitter