engadget
兼松コミュニケーションズは、サーマルイメージングカメラによる体表面温度の測定に対応した、英ブリット製のSIMフリースマートフォン「CAT S61」を今年2月より発売していることを再度アナウンスしています。

「CAT S61」は、米国FLIR社のサーマルイメージングカメラを内蔵し、体表面温度を計測することが可能。台湾では新型コロナウイルス「COVID-19」の水際対策として、大学の入口で学生や職員の体温の簡易チェックに利用されるなどの実例があります。



また、製品名に「CAT」とある通り、同端末は建設機器大手の米キャタピラーが展開するブランドを冠しています。建設現場での仕様に耐える、IP68等級の防水防塵性能を備え、米国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」にも準拠。高さ1.8mからの落下試験をクリアするなど、高い堅牢性を売りにしています。

その他、室内空気質監視機能を備え、溶媒・接着剤・塗料・洗浄剤などの製品に含まれる物質「揮発性有機化合物(VOC)」を検出できます。

市場想定価格は11万9800円(税抜)で、同社の法人窓口にて販売中。国内でもライブハウス等を運営する事業主などからの引き合いがあります。

製品の詳細はこちらもご覧ください。