スティックを太くして吸いごたえUP、新型加熱式たばこ「glo hyper」4月13日発売

専用スティック6銘柄も同日発売

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年04月6日, 午後 02:57 in glo
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、新型の加熱式たばこデバイス「glo hyper(グロー・ハイパー)」を4月13日に発売します。デバイスと合わせて、glo hyper用スティック6銘柄も同日に発売予定。全国のgloストアとgloオンラインストア、コンビニエンスストアにて販売します。


Engadget
「glo hyper」では、neoの従来のたばこスティックより4ミリ太いスティックを採用。たばこ葉も30%増量し、より強い吸いごたえと濃厚な味わいを実現したそうです。

2019年9月に発売した「glo pro」と同じく、IHよよる加熱方式を採用し、通常/ブーストで2通りのモードを選択できます。通常モー ドでは約 20 秒で加熱し、約4分間喫煙可能。ブーストモードでは約15秒間で加熱し、約3分間喫煙可能。

充電時間は約90分で、使用可能回数は約20回です。本体サイズは高さ82✕幅45✕奥行き22mm、重さは約106g、カラバリはグロー・ハイパー・オレンジの3色展開です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: glo, cigarettes
0シェア
FacebookTwitter