新型13インチ(ないし14インチ)MacBook Pro、来月発売の噂

13インチがベゼル狭額化で画面が広くなりそう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年04月7日, 午後 01:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
MBA
新型16インチMacBook Proが発売されてから数か月が経過しましたが、13インチMacBook Proが来月、すなわち5月に発売されるとの噂が報じられています。
今回の噂話は、ハイテク系人気YouTuberであるJon Prosser氏がTwitterにて発信したものです。同氏によれば新型13インチMacBook Pro(コード名はJ223)が来月に発売されるとのことです。さらに、より大画面の14インチになる可能性もあると述べています。

今年3月、アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、2020年の第2四半期にシザー式キーボード(アップル公式にはMagic Keyboard)を備えた新型MacBook ProおよびMacBook Airがリリースされるとの予測を発表しました。そのうち後者は、4月に的中。そして前者のMacBook Proに関しては、上述のように16インチモデルが5ヶ月前にリリースされたばかりです。

つまり、アップルが13インチMacBook Proモデルの新型を発表する可能性があるということ。上述の16インチモデルは既存の15インチを置き換える形となっており、13インチの後継機も画面サイズが(ベゼルの狭額化により)広くなる見込みが高いわけです。

現行の13インチMacBook Proはバタフライ式キーボードを搭載していますが、これは長時間使用しているとキーの反応が悪くなる、あるいは応答しないといった問題が報告されており、すべてが無償修理プログラムの対象となりました。しかもユーザーの集団訴訟にも発展していることから、今後アップルは全MacBookシリーズに故障しにくいシザー式を搭載していくと見られています。

最近の新型MacBookシリーズはキーボードのほか、プロセッサもIntel第10世代(Ice Lake)にアップデートされており、かなりの処理速度向上を果たしています。これが新型14インチ(?)MacBook Proにも搭載され、いっそうの「Pro」らしさを発揮する可能性があります。

この情報をリークしたProsser氏は元々はGoogle Pixel関連で実績があった人物ですが、最近はアップル関連の噂をさかんに発信しています。先日も新MacBook AirやiPad Proの発売をほぼ的中させており、今回も期待が持てるかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, AppleRumor, butterfly, macbook, macbookpro, magickeyboard, scissors
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents