楽天モバイルがプラン刷新。au回線の上限5GBに引き上げ、超過後も1Mbps

急遽三木谷氏が発表

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月8日, 午前 09:35 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget
本日携帯キャリアサービスを開始する楽天モバイルが、急遽料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を刷新。自社エリア以外で借用するau回線の利用上限を月2GBから5GBに増量するほか、超過後のau回線における通信速度も1Mbpsに引き上げ、無制限で利用できるようにします。

楽天モバイルの三木谷浩史氏がTwitterで明らかにしました。
このうち「超過後1Mbps」は本日4月8日より、「au回線の月5GB上限」は4月22日より順次、 「Rakuten UN-LIMIT」の全契約ユーザーに適用します。

この「Rakuten UN-LIMIT」は、月2980円で音声通話・データ通信が無制限。また、初回300万人限定で1年間0円で提供するというプランです。

なお、楽天モバイルのエリアは、当初は東京圏・名古屋圏・大阪圏の都心部が中心。それ以外の地域では、au回線を借用(ローミング)する形でサービスを提供しています。その際、従来プランではau回線の利用が月2GB、かつ超過後は通信速度が128kbpsに制限されていました。

500円で1GBを追加できるとはいえ、東京・名古屋・大阪ですら、地下鉄を含む一部の屋内では自社回線の整備が間に合っておらず、au回線に繋がる場合もあり、「無制限」でありながら「2GB縛り」を気にする必要がある、使いづらい側面がありました。

今回、その上限が大幅に緩和されたことで、多くのユーザーにとって使いやすくなった格好です。

新型コロナウイルスの影響を考慮

楽天モバイル側は今回の変更について『今般の在宅ワークや教育機関等のオンライン学習実施状況を勘案した』とコメント。新型コロナウイルスの影響があると明かしました。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: mobile, rakuten, rakutenmobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents