マイクロソフトが新型コロナ対策としてMixerの配信者に100ドルを提供

視聴者数の少ない配信者にとってはうれしいサプライズ

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年04月8日, 午前 07:00 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter
Microsoft at E3 2018新型コロナウイルスの流行によって、多くのアーティストやクリエーターが仕事をする機会を失っている状況です。そのため、さまざまなインターネットサービスが彼らの支援策を検討しています。そんな中、マイクロソフトのライブストリーミングプラットフォーム「Mixer」は、契約を交わしている配信者に対して100ドルを送るという支援を実施しました。

マイクロソフトからは公式な発表はされていませんが、複数のMixer配信者が自身のTwitterなどSNSで100ドルを受け取ったことを公表しています。日本円だと約1万1000円ですが、対象が現在ステータスがアクティブな配信者全てということで、総額だとかなりの金額になったと推測されます。

受け取った配信者たちは今回のサプライズギフトについてポジティブなツイートをしており、視聴者数がそこまで多くない配信者にはちょっとした「安心材料」になったのではないでしょうか。
ちなみに、MixerのライバルでもあるAmazonのゲーミングプラットフォーム「Twitch」は、提携している音楽配信サービスと協力して、アーティストの支援を行うなどしていますが、配信者に対しての支援は現在のところ実施されていないようです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: coronavirus, COVID-19, internet, microsoft, mixer, streaming, twitch
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents