レディー・ガガなどが参加するオンラインチャリティーライブ「One World:Together At Home」が開催

放送は日本時間の4月19日午前10時から

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年04月7日, 午後 06:00 in internet
0シェア
Global Citizen2020年4月6日、WHO(世界保健機関)のオンライン会見に参加したレディー・ガガが、「COVID-19連帯対応基金」を支援するためのオンラインチャリティーライブ「One World:Together At Home」を、4月18日午後8時(アメリカ東部標準時)に開催すると発表しました。

本イベントは、レディー・ガガの協力のもと、WHOと世界規模の課題解決を目指す国際擁護団体「Global Citizen」が主催します。

会見によると、ライブの開催に先駆けて慈善団体やIT企業に寄付を呼び掛けたところ、早くも3500万ドル(約38億円)の寄付が集まったとのこと。寄付金は、新型コロナ感染者の治療に必要な器具や医療従事者の保護具の提供に用いられるほか、感染者をサポートする慈善団体の支援に活用されます。

Global Citizenは、これまでにも国連などの機関と協力して国際支援を目的とするチャリティーライブを行っており、そのたびに豪華な出演陣が話題になりました。今回もレディー・ガガの他、エルトン・ジョンやポール・マッカートニー、ビリー・アイリッシュなどそうそうたるメンバーがオンラインで参加します。

ライブの模様は、ABCやNBCなどのアメリカの大手テレビ放送局で放映予定。他にも、YouTube、Facebook、Twitter、Instagramなど複数のデジタルプラットフォームでもライブストリーミング配信されるので、日本からでも視聴可能です。ただし、日本時間だと4月19日午前10時と平日の朝なので、見るのが難しいという人も多いかもしれませんね。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: av, charity, coronavirus, COVID-19, Global Citizen, internet, WHO
0シェア