Chrome OS
リリースが延期されていたChrome OS 81が、4月7日(現地時間)に公開されました。本バージョンの変更点は、タブレットモードの新しいジェスチャーナビゲーションや、ChromeブラウザのUI変更が中心となっています。

まずジェスチャーナビゲーションですが、Android 10で導入されたフルジェスチャーナビゲーションに近いものとなっています。ホーム画面に戻るには、画面の下から上にスワイプ。開いているウィンドウやアプリの確認は下から上のスワイプの最後にスワイプとを止めて長押しします。戻る動作は左側からのスワイプです。また、タブレットモード時のクイックシェルフは、下からの少しのスワイプで表示されます。

ジェスチャー以外の変更としては、ラップトップモードとタブレットモード両方で、Chromeブラウザ上だけではなく、Google Playストアからインストールしたアプリすべてでピクチャーインピクチャー(PIP)が利用可能になるとのこと。YouTubeやプライムビデオ、Huluなどの動画アプリをPIP表示にでき、マルチタスクを行いやすくなります。

Chromeブラウザにも、タブレットモード向けの修正が行われます。タブストリップという新しいインターフェースで、ウィンドウ上部のタブが普段は非表示になり、開いているタブの数を表すボタンをタップするとタブの一覧が表示。そこから切り替えや並べ替えを行えます。

Chrome OS

Chrome OS 81自体は配信が開始されていますが、Chromeブラウザのタブストリップについては、今後数ヶ月以内に発売される2-in-1タイプのLenovo Chromebook Duetで利用可能になり、その後、他のChromebookでもタブレットモードで利用可能になるとのことです。