Engadget
コロナウイルス感染拡大によって自宅でのテレワークに切り替える企業が増えている事情を受けて、各ゲームメーカーがビデオ会議でバーチャル背景として利用できる壁紙を公開しています。

任天堂は「スーパーマリオ オデッセイ」、セガは「龍が如く」、アトラスは「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」、など各社の有力タイトルの背景画像を用意しています。本記事では、バーチャル背景を公開している各メーカーのTwitterでの投稿をまとめてみました。




ゲームメーカー以外にも20世紀スタジオやピクサーが自社の作品の壁紙を公開しています。