アメザリ・うしろシティなど松竹芸人が無観客イベントを配信、手応えは?

3月11日のイベントの模様をお届け

砂流恵介(Keisuke Sunagare)
砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2020年04月8日, 午後 04:30 in LIVEPARK
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

昨年頃よりライブ配信に視聴・参加できるアプリが注目を集めていました。さらに新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、リアルイベントのキャンセル、延期が相次いだことから、ますますそのニーズが高まっています。

イベント参加型ライブ配信アプリ「LIVEPARK」もそのひとつです。LIVEPARKは、スマホ上でライブ配信を観るだけでなく、コメントやアンケート機能などを使ってユーザーも参加できる形式のアプリです。

特徴は、縦型配信であることと、5Gを見据えた超低遅延配信に対応していること。LIVEPARKによると、1秒未満の遅延時間でライブ動画の配信が可能としています。これにより、ライブ配信にたまに起こる「配信者とユーザーとの時差(ラグ)によるコメントが噛み合わない現象」などが起きにくいとしています。

そのLIVEPARKで、3月9日(月)~3月11日(水)の3日間、ライブ配信イベント「虎ノ門角座」が開催されました。このイベントは、松竹芸能に所属する、よゐこの濱口 優、安田大サーカスのクロちゃん、お笑いコンビ・アメリカザリガニなどの芸人たちがLIVEPARKで無観客イベントを行うというもの。

松竹芸能は新型コロナウィルス感染拡大防止のために大阪・心斎橋角座、東京・新宿角座の公演を当面の間中止にすることを発表しており、これを受けて、中止となった公演に出演予定だった芸人を起用したライブ配信が企画されました。

筆者は3月11日(水)の現場に立ち会うことができたので、その様子をお届けします。

松竹が誇る若手女性芸人が集結!

Engadget

3月11日のライブ配信は、アメリカザリガニ、うしろシティ、アルミカン、せつこ、ヒコロヒー、河邑ミク、大納言光子、合計10名の芸人がライブ配信を行いました。この日は「どうなる松竹女芸人の未来?」をテーマに松竹の若手女性芸人が集い、先輩芸人やユーザーに悩みを相談するというもの。

Engadget

スマホでの視聴画面は上記のような形となっています。左下の「コメントを書く」から気軽にコメントができ、コメント内容は即座にその上に表示される形です。また、タップすることで簡単に回答できるアンケート機能も実装されています。

ライブ配信では、女性芸人たちが持ちネタを披露しながら「ものまねとコント、どっちの路線で行くべきか?」などの悩みを吐露。それに対して、ユーザーもボケつつ楽しく悩みを解決していたのが印象的でした。

Engadget

現場とアプリを同時にみながら思ったのは、距離感が近いこと。冒頭でも述べた、遅延による配信者とユーザーとの時差(ラグ)によるコメントが噛み合わない、といったことがないため芸人さんが即座にコメントを拾ったり、リアクションをとったりできるので、配信者側と視聴者側の一体感を感じられました。

今後はますますコミュニティが大事になる

Engadget

配信終わりに、この日のメインMCを担当していたアメリカザリガニの柳原さんと平井さんにお話を伺いました。

ーー LIVEPARKで配信されてみていかがでしたか?

柳原さん:こういうプログラムでやるにしては人数が多すぎやろ!笑 というのあったけど、逆手にとって面白くできたかな。デジタルな配信でめちゃくちゃアナログなことやったんがいいんちゃうかな。

平井さん:お客さんが近かった。コンテンツがお笑いだからか、見てる人がボケる方向にどんどんいってた。なんていうのかな、昔のラジオのはがき職人ノリで参加してきてる感じ。本来ならお客さんが参加してくれるのはもっと時間がかかるけど、お客さんに楽しく遊ぶ人が多かったね。

ーー コメントが遅延なくリアルタイムで入っていたので、それを拾って盛り上がって行く様子が印象的でした。

平井さん:今日のライブ配信もコミュニケーションがスピーディだったけど、これだけ速いと今後はもっとコミュニティが注目されると思う。

ーー どういうことでしょうか?

平井さん:友だちだから、家族だからだけではなく、ゲームが好きだとか、お笑いが好きだとか、好きなこととかで繋がるコミュニティがどんどん増えて、コミュニティの中で盛り上がることが増えていきそう。例えば、オンラインで大人数で集まってみんなで同時に乾杯とか、そんなことでもコミュニティの人たちとやるだけで盛り上がる。超低遅延でリアルタイムにやりとりできる配信は増えてくるだろうから、コミュニティをどんどんつくっていきたいと思いますね。

ーー ありがとうございました。

余談ですが、アメリカザリガニさんはVTuberとしても活動されています。通常は、舞台の中央に立って漫才をしたり、小道具などを使ってするコントを、バーチャルな空間で実現。現在はVTuberをするときは、スタジオなどで収録や生配信を行っているそうですが、ゆくゆくは、お互い家にいながら漫才やコントを行えるようにするとのことで、次世代のお笑いを模索されています。アメリカザリガニさんのYouTubeで実際にバーチャル漫才も観れるので、興味のある方は一度ご覧になってみてください。

まとめ

イベント参加型ライブ配信アプリ「LIVEPARK」で行われた松竹芸人による無観客イベントを紹介しました。今後も家にいる時間が増えそうなので、家時間を持て余している人は、LIVEPARKなどの参加型ライブ配信アプリの番組を覗かれてみてはいかがでしょうか。コメントやアンケートなどで参加するのは、観るだけとは違った演者さんとの一体感を感じられて面白いです。昔ははがき職人だったという方こそぜひコメントしてみてください。

自宅から大喜利を配信予定
LiveParkでは4月7、8日に「【大喜利Stay Home】松竹芸能VS人力舎」を開催予定です。2日間連続で夜9時から視聴、参加が可能です。2日間合わせて総勢16名の若手・中堅の人気・実力派芸人が自宅からスマホを通じて自宅から出演し、大喜利などを行います。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: LIVEPARK, event
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents