ソフトバンク孫社長、月3億枚のマスク供給を表明

5月に納品

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月11日, 午後 09:07 in COVID-19
0シェア
FacebookTwitter
engadget
ソフトバンクグループの孫正義社長は4月11日、月産3億枚ペースでマスクを供給するとTwitterで明かしました。中国の自動車メーカーBYDと提携して製造ラインを設立。納品開始は5月を予定します。

月産3億枚の内訳は、医療要項機能N96マスクが1億枚、一般用サージカルマスクが2億枚。調達したマスクは政府と連携を図り、医療現場をはじめ、1人でも多くの人々に供給する方針です。

また、今回のマスクの供給において、ソフトバンクグループは利益を得ていないことも強調しています。


なお、今回孫社長が提携を表明したBYDは自動車メーカーですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてマスクの製造ラインを構築。1日1500万枚ペースでマスクを製造する世界最大規模のマスクメーカーとなっています。



これに先立つ3月12日、孫社長は『(コロナ検査キットを調達するより)マスクを寄付した方が良い』とコメントしたTwitterユーザーに『やりましょう』と引用返信。マスク100万枚を介護施設や医療施設に寄付する方針を表明し、その後実際に100万枚を調達していました。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: coronavirus, COVID-19, softbank
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents