2020年初頭のMac出荷台数、前年同期比で20%以上の減少。需要は高いが生産と物流の遅れのため

第2四半期の需要は新型コロナ倒産により低いかもしれません

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年04月13日, 午後 12:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
mac
2020年の第1四半期において、Macの出荷台数が前年同期よりも20%以上減少したとの推定値が報告されています。

市場調査会社Canalysが公開した最新データによると、2020年第1四半期における全世界のPC出荷台数は前年比で8%減少したとのこと。その中でもMacの落ち込みが特に目立っているかっこうです。mac
新型コロナウイルス蔓延に対応したテレワークやオンライン授業が広まっているなか、それらに使用するPCの需要は急増しているとのこと。にもかかわらず出荷の減少は意外にも思えますが、Intel製プロセッサの供給が制限されていたこと(こちらは新型コロナに関係なく、10nmノードへの移行の失敗が原因とのこと)に加え、世界中の企業や工場が閉鎖したことで「生産と物流が大幅に遅れ」出荷したくてもできない状況というわけです。

トップベンダー上位のランキングは安定しており、Lenovoは1280万台の出荷でPC市場をリードし続けている存在です。その次にHPが1170万台、3位にDellが1050万台と続いているかっこうです。
mac
アップルはそれらの次点となる第4位。2019年の第1四半期のMac出荷台数が推定400万台から、2020年の同期は320万台で21%もの減少です。LenovoやHP、DellやAcerといった上位5ベンダーの中では特に大幅な落ち込みですが、生産再開に苦戦していた中国工場への依存が他社より大きいのかもしれません。

その一方で自宅待機によりPC需要は急増しており、Canalyは今後数週間にわたって各ベンダーが健全な利益を報告し、営業利益率が史上最高に達すると予測しています。

が、今後の第2四半期の需要は第1四半期ほどには強くないと予想されるとのことです。多くの企業が設備が整備されたばかりで職場の設備に投資する企業はほとんどなく、(新型コロナによる)世界的な景気後退が始まって企業は倒産し、新たに数百万人が失業するからという理由です。

テレワークをしようにも、勤めている企業がなくなってしまえば意味がありません。今後のアップルほかPCベンダーの業績も、世界各国政府がどのように企業を救済し、個人の生活を助けるかという施策にかかっていると言えそうです。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, coronavirus, COVID-19, mac, pc
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents