モトローラ、4月22日に次期フラッグシップをグローバル発表

ウォーターフォールなedge/edge+が発表されそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年04月14日, 午後 07:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Motorola
Motorolaが、4月22日 11時(日本時間23日 1時)にフラッグシップ端末の発表イベントをオンラインで開催すると発表しました。

Motorolaは2018年のmoto Z3+以降、ハイエンドなスマートフォンを発表しておらず、約2年ぶりのハイエンド端末発表となります。また、公開されたティザーを見る限り、これまで噂の出ていたMoto Edge/Edge+が発表される可能性が高そうです。

​​​​​
噂されているMoto Edge+の仕様としては、ディスプレイは6.7インチで、従来のものより両側面の曲がりがきつくなった「ウォーターフォールディスプレイ」を採用。フロントカメラのパンチホールも、小さく目立たなくなっていると伝えられています。

SoCはSnapdragon 865で5Gに対応。RAMは8GB/12GBでバッテリー容量は5000mAh。背面カメラは108MPのメインカメラのほか、広角、望遠を搭載するトリプル構成に。無印のEdgeのほうは、Snapdragon 765にRAM6GBの普及帯モデルになるようです。

ウォーターフォールディスプレイ、手に持ったときに誤動作しそうですが、何かしらの対策はされているのでしょう。その辺りも含め、スペック以外にどのような機能が盛り込まれているのかも、注目したいところです。
​​​​​
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Android, Edge, Lenovo, mobile, Motorola, smartphone, video
0シェア
FacebookTwitter