Engadget
GREEN FUNDINGにて、リコーが「RICOH Image Pointer」のプロジェクトを展開中です。価格は6万9900円ですが、プロジェクトを支援すると限定で41%OFFなど割引価格で購入可能です。募集期間は5月14日23時59分までとなっています。クラウドファンディング終了より最長で12か月間以内に製品を発送予定です。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する


「RICOH Image Pointer」はスマホとWi-Fiで接続して手元から、静止画や動画を投影できるハンディプロジェクターです。開発時点では全長約113mm、重さ約220gでポケットに収まり片手で気軽に操作できる小型軽量なデザインとなっています。

操作はシンプルで、本体上部のボタン押している間に連携したスマホのデータを投影できます。スピーカーも搭載予定で、音声付きの動画も楽しめます。投影の手軽さを重視しており、ハードの設定はピント調節のみで、台形補正や明度調整はできません。画面サイズは25〜80インチで投影でき、サイズは投影する対象との距離感で調整します。スマホ連携以外でもHDIM接続での投影も可能です。

プロジェクト担当者によると360度カメラ「RICOH THETA」と連動させて360度のデータを「RICOH Image Pointer」の投影する方向に合わせて、その部分だけ表示するといった使い方の提案を検討している。





▲コミュニケーションの方法も広がりそう。

プレゼンなどのビジネスシーンはもちろん、プライベートでの思いでの共有、プロジェクションマッピングなどユーザーの発想次第で遊び方の幅が広がりそうです。


Engadget
上記写真はプロトタイプの3台目です。設計はリコーのデザインセンターでコンテストを開催したのち、コンセプトに沿ったモノが採用されました。「持ちやすい」「ポケットにしまえる」といった基本コンセプトをキープしたまま、製品版の開発を目指しています。



GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する