これぞAppleユーザーの特権!デバイス間でコピペする方法を教えます:iPhone Tips

ぜひとも使いこなしたいところ

友納一樹(TEKIKAKU)
友納一樹(TEKIKAKU)
2020年04月16日, 午前 07:10 in iphone tips
0シェア
FacebookTwitter
iPhone TipsiPhoneだけでなくiPadやMacなど、身のまわりをApple製品で揃えている人は少なくないでしょう。デザイン面の統一感もさることながら、デバイス間の豊富な連携機能が魅力ですよね。

今回はそんな連携機能のなかから、デバイスを越えてシームレスにコピー&ペーストが行える「ユニバーサルクリップボード」をご紹介しましょう。本稿では、iPhone XR(iOS 13.3.1)とiPad(第5世代)を使用し、iPhoneからiPadにコピーする手順を解説します。

Gallery: ユニバーサルクリップボード | of 7 Photos

  • iPhone Tips
    iPhone Tips
  • iPhone Tips
    iPhone Tips
  • iPhone Tips
    iPhone Tips
  • iPhone Tips
    iPhone Tips
  • iPhone Tips
    iPhone Tips
  • iPhone Tips
    iPhone Tips
  • iPhone Tips
    iPhone Tips

使う前の3つの準備

ユニバーサルクリップボードを使う前に以下の準備を済ませましょう。
  • 同じApple IDでログインする
  • Wi-Fi、Bluetoothをオンにする
  • 「Handoff」をオンにする

「Handoff」は「設定」から「一般」、「AirPlayとHandoff」に進み、スイッチをタップしてオンにします。

iPhone Tips
▲「設定」➡「一般」に進み、「AirPlayとHandoff」をタップ(左)。次の画面で「Handoff」をオンにします(右)

テキストも画像もコピペできる

コピペの手順は通常と変わりません。iPhoneで作成したメモで範囲を選択し「コピー」を選択すると、iPadのクリップボードにその箇所が追加されます。あとは貼り付けたい場所で「ペースト」をタップすると、「〇〇のiPhoneからペースト中...」と表示されたのち、選択した文面がペーストされます。

iPhone Tips
▲「メモ」に書いたテキストを範囲選択して「コピー」をタップ

iPhone Tips
▲もう一方のデバイスで、貼り付けたい場所で「ペースト」を選択すると、「〇〇のiPhoneからペースト中...」と表示されます(画面は「Pages」アプリを使用)

iPhone Tips
▲選択した箇所がペーストされます

ユニバーサルクリップボード機能を使えば、いったんメモにコピーしたり、テキストをメールで送ったりといった手間を省けます。もちろん、iPadやMacからiPhoneにペーストすることもできます。たとえば、PagesやWordで書いていた原稿をiPhoneにコピペして続きを書く、といった使い方ができます。

また、テキストだけでなく画像のコピペも可能。同じように画像を長押しし「コピー」を選択したら、もう一方のデバイスで「ペースト」を選択しましょう。

iPhone Tips
▲コピペしたい画像を長押し(左)。メニューから「コピー」を選択(左)

iPhone Tips
▲貼り付けたい場所で「ペースト」を選択。画像がペーストされます

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iphone, iphone tips, tips
0シェア
FacebookTwitter