速報:iPad Pro用 Magic Keyboard が前倒し発売。来週にもお届け

フローティングデザイン!

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年04月16日, 午前 12:10 in ipad
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

アップルが iPad Pro用の新 Magic Keyboard を発売しました。

当初の発表では5月予定だったため、このご時世にうれしいサプライズ発売です。公式ストアでは16日0時過ぎの時点で、11インチ用・12.9インチ用とも4月21日お届けのステータスとなっています。

iPad Pro用 Magic Keyboardは、3月に新 iPad Pro 12.9インチ(第四世代)と同時発表された新製品。

iPadの画面と背面を守るカバーになり、開けばノートPCのようなスタイルで使える点は既存の純正キーボード Smart Keyboard Folioと同じですが、初のトラックパッド搭載やiPadが浮くフローティングデザイン、新 MacBook Airと同じシザースイッチのフルサイズキー、バックライトなど、大きく進化した最上位製品となっています。



Engadget



特徴をおさらいすると、
  • iPad用キーボードとして初のトラックパッド搭載。iPadOS 13.4から加わったトラックパッド対応で、文字選択などが画面に触れず、より正確にできるように。マルチタッチジェスチャでOS全体のナビゲーションも。
  • フローティングデザイン。iPadが浮いて固定されるカンチレバー式ヒンジで見やすい位置に、角度は130度まで無段階に調整可能。
  • USB-Cパススルー充電端子。iPad本体側のUSB-C端子は塞がず、充電しながら使える。ケーブルが宙から垂れ下がらない。
  • シザースイッチの新キーボード。 新MacBook Airと同じ、ストローク1mmの新方式スイッチを採用したフルサイズキーボード。
  • キーボードバックライト。純正では初。明るさは調整可能。

Engadget

対応するのは最新の12.9インチ iPad Pro (2020)と2018年の iPad Pro(第3世代)、11インチ iPad Pro (第1・第2世代)。ホームボタンがなくなり側面が断ち切りになった最近のiPad Pro用です。

iPadとは背面のスマートコネクタで接続するため、旧 iPad Pro 12.9インチ(第1世代、第2世代)では使えません。

価格は11インチiPad Pro用が税別3万1800円、12.9インチ用が3万7800円。日本語JISほか30か国語レイアウトを用意します。アップルオンラインストアではUSも中国語も選択可能です。

新iPad Pro用トラックパッド付きMagic Keyboardは現行Proでも使用可

iPad Pro (2020) 実機レビュー。Magic Keyboardの前にTrackpadで感動体験
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ipad, ipad pro, keyboard, magic keyboard, magickeyboard
0シェア
FacebookTwitter